障がい者対象に会社説明会 岡谷で諏訪職安

LINEで送る
Pocket

障がいがある人を対象に開いた会社説明会

諏訪公共職業安定所、同岡谷出張所は14日、障がい者対象の会社説明会を岡谷市中央町の岡谷出張所で開いた。障がいがあり就業を希望する諏訪地域の10代から60代の男女19人が参加。事業所の人事担当者らの話を聞き、就職に向けた参考にした。

例年は30~40事業所が参加して説明会を開いているが、新型コロナウイルスの影響で昨年度と今年度は規模を縮小して実施。6月に続いて今年度2回目となる今回は、諏訪地域の製造業など3事業所が参加した。

説明会では、はじめに事業所側が会社概要や求人内容、働き方などを説明。求職者からの「通院日には休みを取れるか」「現在働いている障がい者の人数は」といった質問にも答えた。

続いて求職者が各事業所のブースを回り、個別面談を行った。参加した男性(42)は「こういうチャンスはめったにないので、自分のありのままを伝えて働きやすい環境の会社を探したい」と話した。

障がい者雇用促進を目的としたセイコーエプソンの特例子会社「エプソンミズベ」(本社・諏訪市)の担当者は「一人一人の強みを生かすため、仕事のバリエーションを増やそうと取り組んでいる。説明会が、障がいを持った人たちに多くの会社を知ってもらう機会になれば」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP