「文化財防火デー」合わせパトロール 箕輪町

LINEで送る
Pocket

町有形文化財「小河内神社本殿」のある同神社で放水訓練を行う関係者ら

箕輪町教育委員会と箕輪消防署は21日、第68回「文化財防火デー」(26日)に合わせて、町内の指定文化財がある寺や神社のうち、2カ所で防火パトロールを行った。消火設備の設置状況を調べたり、消火器を使った放水訓練を行ったりして、地元の財産を守る体制に万全を期した。

文化財防火デーは、1949年1月26日に法隆寺金堂の壁画が焼損したことを受け、55年に定められた。以降、1月26日を中心に、文化財を火災や災害から守る運動が全国的に行われている。町教委では同消防署と連携し、毎年町内の指定文化財を2~3カ所ずつ順番にパトロールしている。
 
今年は、国重要文化財「木造阿弥陀如来坐像」を所有する無量寺(北小河内)、町有形文化財「小河内神社本殿」のある同神社(南小河内)をパトロール。所有者の立ち会いで、消火器・消火栓などの設置状況などを確認した。同神社では、管理者である総代による放水訓練も行った。

同消防署の矢澤力消防司令補は「毎年1、2月は火災が多い時期になる。火災はちょっとした不注意で発生するので、屋外、屋内に関わらず火の取り扱いには注意してほしい」と呼び掛けていた。

おすすめ情報

PAGE TOP