高遠町の国道152号バイパス 3日全線開通

LINEで送る
Pocket

開通工事のため、通行制限が設けられている伊那市高遠町の四日市場交差点

県が伊那市高遠町の国道152号で進めてきた、栗田~四日市場のバイパス工事が終わり、2月3日に全線開通する。延長1300メートルの2車線道路。十分な幅員や線形の良好な車線の確保、歩道などの設置により、安全かつ円滑な通行に期待が高まる。

県は2011年度から工事に着手。バイパスは四日市場交差点から北原大橋付近に至る区間。幅員は全幅10.25メートルで、車道部分は6.5メートル。歩道は片側に2.5メートル設けた。総事業費は約14億円になる。

現道は、四日市場や栗田の集落内を通過するが、歩道のある箇所はわずかで、カーブでは大型車のすれ違いが困難など、課題があった。道路と民家との距離も近く、住民からは生活道路との分離を望む声も挙がっていたという。

バイパスにより、緊急車両や観光バスなどが集落内を通過することを回避できる。歩道や歩車分離式の信号交差点もあり、児童をはじめ通行者の安全性も向上させる。

工事着手後、段階的に供用を開始。昨年4月以降は片側1車線を一方通行路とし、現道と併用してきた。

工事には、地域住民らでつくる「国道152号栗田・四日市場バイパス対策委員会」が要望の取りまとめや調整役として協力。県伊那建設事務所の担当者は「地元の方々に協力していただいた」と感謝し、「多くの人に観光や輸送の幹線道路として、活用してほしい」としていた。

3日には、開通式を現地で予定するが、新型コロナウイルス対策のため、短時間で行う。信号機の切り替えなどもあるため、午前9時~正午ごろは通行止めとなる。

おすすめ情報

PAGE TOP