シダレザクラとシバザクラ競演 富士見

LINEで送る
Pocket

シダレザクラとシバザクラが競演=富士見町高森の小林さん方

富士見町高森の農業小林一徳さん(82)方で、美しい樹形のシダレザクラと斜面のシバザクラが見頃を迎え、青空を背に春色がにぎやかに競演している。

約90年前に小林さんの祖父が桜名所の高森観音堂から苗木を譲り受け、眺望のいい場所に植樹。シバザクラは雑草対策で10年ほど前に植えたという。町在住の写真家玉置弘文さんが紹介したことで広く知れ渡り、観桜期に人が集まるようになった。

「記録的な早さだった昨年より遅いが、開花はほぼ例年並み。花色は濃く感じる」と小林さん。今後の天候次第だが、週末までは十分楽しめそうという。

おすすめ情報

PAGE TOP