ハナモモ花盛り 諏訪市岡村の地蔵寺裏山

LINEで送る
Pocket

花盛りを迎えた「紅雪の里」のハナモモ

諏訪市岡村の地蔵寺裏山にある「紅雪の里」のハナモモが見頃となった。諏訪湖と穂高連峰を望む高台に約180本が植わり、赤い花を咲かせている。多くの家族連れが訪れ、盛んにカメラを向けていた。

近くに住む小口敏弘さんが毎年苗木を植えて増やしながら、40年以上にわたり丹精込めて栽培。遊歩道も整備され、小口さんの知人らが協力して来場者を出迎えている。昨年より5日ほど早くほころび始め、暖かな陽気が続いたことから一気に咲き進んだ。例年よりも花付きが良く、大型連休初めごろまで楽しめそうという。

家族らと訪れた関なつのさん(40)=茅野市本町西=は「幻想的な美しさで絵本の世界みたい。コロナ禍で心が沈みがちだけど、明るい気持ちになれますね」と笑顔。長女(1)は、あでやかな花の付いた枝に向かって手を伸ばしていた。

おすすめ情報

PAGE TOP