赤穂高100周年式典 同窓生ら1200人

LINEで送る
Pocket

赤穂高校の創立100周年記念式典(実行委員会主催)は15日、駒ケ根市の同校で開いた。在校生や同窓生ら約1200人が出席。1世紀にわたり歴史を積み重ねてきた母校の節目を祝い、さらなる飛躍を誓い合った。

実行委の中原正純会長は式辞で、「1917(大正6)年の開校以来、地域に根差し、地域と連携しながら素晴らしい伝統校を築いてきた」と関係者に敬意を示した上で、「これからの時代をどう築いていくかが改めて問われている。若者には地域の次代を創造していくという気概を持ってほしい」と呼び掛けた。

伊藤信夫校長は、「実学を修め、公民たる資質を磨き、社会に貢献できる人材を育成する」との建学の精神を振り返り、「歴史と伝統を継承し、人間教育を大切にしながら新しい時代に適応する教育環境を充実させる」とあいさつ。生徒を代表して全日制生徒会長の三澤太一さんが、「新しいことに果敢に挑戦していく赤穂魂を持って、赤穂高校がさらに良い学び舎になるよう追求する」と決意を語った。

このほか式典では、実行委が記念事業として建て替えた記念館を県に寄贈するため目録贈呈を行ったほか、記念事業に協力した37の地元企業や個人に感謝状を贈った。

式典に続き、同校の野球部員として1960(昭和35)年、甲子園に出場した柴田光さん=千葉県=が「出会いと挑戦」と題して講話。会場を市民体育館に移して祝賀会を開いた。

おすすめ情報

PAGE TOP