八面観

2017年09月21日付

年齢を重ねたお年寄りの存在は尊い。「敬老の日」に合わせるように、この時期の新聞紙面には敬老会や祝賀訪問の記事がたくさん載った。高齢者の言葉や姿には味があって「いつまでもお元気で」と声を掛けたくなる▼人の年齢で大きな節目となるのが、100歳だ…

全文を読む

2017年09月20日付

見慣れていないこともあり何度か見直してしまった。白色のナンバープレートをつけた軽自動車を見掛けた際のことだ。通常の黄色でないだけで、随分と印象が変わる▼プレートをのぞき込むと、左側には水色を主体とした淡い模様。ラグビー・ワールドカップ日本開…

全文を読む

2017年09月19日付

「しゃりしゃり」という音が耳に残る。それは窓ガラスが爆風で粉々になり、家中を舞う音だった―。広島で被爆した女性の話を聞く機会があった▼原水爆禁止諏訪市協議会が先ごろ市内で開いた催しで、現在は長野市に住む女性が招かれて語った。当時、東京から母…

全文を読む

2017年09月18日付

学校花壇コンクールの審査の様子を伝える新聞記事に添えられた写真を見て、母校のことを思い出した。花壇があった場所のこと、花壇づくりをしたこと、卒業記念のオブジェ制作をしたことなど、通っていた頃の記憶がよみがえってきた▼卒業してしまえば学校は遠…

全文を読む

2017年09月17日付

英語では「wisdom tooth(知恵の歯)」と言うのだそうだ。知恵がついて物事の分別がつく年頃に生えてくる歯という意味があるらしい。日本では「親知らず」と呼ばれる▼その治療のため、しばらくまともに食事をすることができなかった。乳飲料など…

全文を読む

2017年09月16日付

誰もが一度は言ったか、言われたかしたことがあるだろう。「男(女)らしく」という叱咤もしくは激励。改めて考えると、わかったようでわからない、何とも実像がつかみにくい表現だ。それでも決まり文句と同等に扱われている。同時に性差による偏見も見え隠れ…

全文を読む

2017年09月15日付

長野労働局のまとめによると、7月の県内の有効求人倍率は1・63倍となった。諏訪は1・72倍、伊那は1・70倍である▼リーマンショックによる不況で平成に入って最低だった2009年7・8月の0・39倍を底に、右肩上がりになった。一昔前の就職難だ…

全文を読む

2017年09月14日付

地域活性化というと、多くの人は漠然と「にぎやかになる」ことをイメージしているのではないか。地方を基盤にしている本紙には頻繁に「地域活性化」という言葉が出てくる▼言葉として定着していることもあり、イベントなどを企画する側も、それを取材する側も…

全文を読む

2017年09月13日付

夕方からの雨が一気に激しくなり、濁流が河岸をみるみる削ってゆく。夢中でシャッターを切っていると、1分前に自分がいた場所が崩れ落ちた。かつてこのヒヤッとする体験をして、常に周囲の危険を予測して行動する大切さを学んだ▼地域の防災訓練の取材は記者…

全文を読む

2017年09月12日付

いつごろの理科の授業で耳にしただろうか。太陽表面の爆発現象「フレア」。大規模なフレアが11年ぶりに観測され、情報通信研究機構は全地球測位システム(GPS)や電波通信に影響を与える可能性があると注意換気した▼米航空宇宙局(NASA)の観測衛星…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP