八面観

2017年02月23日付

大豆にこうじや食塩を混ぜて熟成させる発酵食品の「みそ」。みそ汁として一年中味わうことができるが、冬は特に体に染み入る。総務省の家計調査によると、2015年の都道府県別の1人当たりのみそ消費量は長野県が1位▼近年は即席みそ汁の需要が増え、「み…

全文を読む

2017年02月22日付

瞬時に色が変わる、形が変化する―。さぞ不思議な世界に見えたことだろう。日本人初の女性宇宙飛行士、向井千秋さんは、学校で理科を教えていた父親が実験している姿を見て、「私の父は魔法使いだ」といつも尊敬していたという▼不思議な現象に感動できるしな…

全文を読む

2017年02月21日付

社会心理学に「予言の自己成就」という言葉があるそうだ。未来はこうなるという確信が強ければ強いほど、そうなる確率が高まるという教えだ。簡単に言うと、「願えば叶う」ということか▼この言葉を知ったのは東京大学名誉教授の神野直彦さんの文章からだ(「…

全文を読む

2017年02月20日付

「かけなければいけない手間は、省いたつもりでも省かれてはいないんです。ちょっと脇によけただけで、しっかりと残っているんですよ」と話すのは、ある町の若住職。最近はいろいろなお弔いの方法がありますが…と話題にするうち、そんな言葉が出てきた▼葬儀…

全文を読む

2017年02月19日付

バブル絶頂期を象徴するような事業だった。四半世紀前の「ふるさと創生」事業である。国が各自治体に1億円を配った。使い道に口は出しません、地域の活性化につながるよう自ら考えてくださいというわけだ。それぞれに知恵を絞り、使い道が注目された▼箱物の…

全文を読む

2017年02月18日付

鳥取や京都が先週末に見舞われた大雪は、住民生活への被害が大きかったようだ。道路では車の立ち往生、JR線では運休が相次ぎ、小中高校は臨時休校した。積雪は90センチを超えたそうなので、身動きもとれなかったろう▼西日本とひとくくりにすれば、温暖で…

全文を読む

2017年02月17日付

子どもの声が聞こえない寂しさは想像以上。保育園がないと若者は出て行く。この行事もいつまで続くか―。4年前の夏に迎え盆の伝統行事「振り万灯」の取材で伊那市の小沢地区を訪れた際、高齢の男性がぽつりと話してくれたことを思い出す▼地区にある伊那西部…

全文を読む

2017年02月16日付

雇用情勢の改善が続く。諏訪地方の昨年12月の有効求人倍率は1.51倍と、43カ月連続で前年同月を上回った。全国、県内でも高水準を維持している▼堅調な雇用情勢に伴い、人手不足感が高まっている。財務省長野財務事務所がまとめた昨年10月から今年1…

全文を読む

2017年02月15日付

なんとなく、という程度の感覚的なことなのだが、日差しがだんだん濃くなってきている気がする。足元の影も真冬の頃に比べると、明暗がはっきりしてきたように思う。2月も半ば。朝晩の冷え込みはまだ厳しいが、もう少しの辛抱だろうか▼春の便りは伊那谷にも…

全文を読む

2017年02月14日付

ストレス社会と言われる現代。生来の楽天家には無縁のように思っていたが、「ストレスチェック」が始まり、診断を受けることになった。働く人の心理的な負担を把握する目的という▼結果は予想通り問題なし。幸いストレスを感じることは少なく、同僚からも「鈍…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP