八面観

2016年12月09日付

まちづくりの柱の一つに縄文文化を掲げる茅野市では、子どもたちが小中学校で縄文科の授業に取り組んでいる。土器や石器、服や家など身近なところから縄文人の暮らしについて学び、現代の生活と照らし合わせながら、さまざまに考えを深めている▼子どもたちは…

全文を読む

2016年12月08日付

阿智村にある満蒙開拓平和記念館を先日、再訪した。開館以来だから3年半ぶり。冬季で入館者は少ないだろうと思っていたら、予想以上に多く、県外者もいて驚いた▼満蒙開拓に特化した全国で唯一の記念館だ。開館当初はそれなりに注目を集め、順調な滑り出しを…

全文を読む

2016年12月07日付

「八ケ岳ブルー」と呼ぶそうだ。抜けるような青空と複雑な稜線を描く八ケ岳の山並み。秋から春にかけて、信州の空の青が鮮やかさを増す時期の景色を指す。先日の本紙諏訪の1面に美しい写真が掲載された▼記事に誘われて、好天の日に天を見上げてみた。冬の澄…

全文を読む

2016年12月06日付

想像してみてください―。赤穂高校(駒ケ根市)が5日に1年生を対象に開いた平和学習会。講師を務めた久保田誼さん(74)=伊那市=は、240人の生徒たちに何度かこう語りかけた▼久保田さんは元高校教諭。伊那市上の原に住宅を購入した際、敷地内にあっ…

全文を読む

2016年12月05日付

11月6日に投開票が行われた大分県姫島村の村長選。16回連続の無投票を経て、選挙戦は1955年以来61年ぶりとなった。70代の現職と60代の新人の一騎打ちで、現職が9選を果たした。前村長は現職の父親で、7期務めたという▼どんな村なのだろう。…

全文を読む

2016年12月04日付

橋脚だけだったときには田園地帯にコンクリートむき出しの高層ビルが一列に並んでいるような風景だったが、橋桁が造られてくると、空間に橋の姿が見えてくるようになった。大きい▼国道153号伊南バイパスの最後の工区では、駒ケ根市・飯島町境の中田切川が…

全文を読む

2016年12月03日付

「おふくろの味」と聞いて思い浮かべるのは何だろう。みそ汁、肉じゃが、カレーライス―。それぞれの家庭ならではの味があって忘れられないものだ▼ところが、今は「おふくろの味」ならぬ「袋の味」になっているという。冷凍食品やレトルト食品が増え、温める…

全文を読む

2016年12月02日付

掃除は人が育つ基本―と、箕輪町の農業、小原金安さん(89)=木下=は、町内の1中学校5小学校に計200本の竹ぼうきを寄贈する活動を続けている。地域への感謝を形にした格好だ。毎年更新される竹ぼうき。児童・生徒は何を感じるだろうか、どう見ている…

全文を読む

2016年12月01日付

先月中旬に県内各地で記録した大雪には肝を冷やした。まさか11月にあれだけまとまった降雪になるとは思いもよらなかった。今季は寒い冬になるのか、降雪量はどの程度か。例年よりもずいぶん早い大雪は、先行きに不安が募る▼県は、きょうから「冬の信州省エ…

全文を読む

2016年11月30日付

岡谷市のカノラホールで上演された創作オペラ「御柱」を初めて観賞した。二期会会員らプロの声楽家が担った主要キャストはもちろんだが、公募の市民による合唱がオペラ全体を盛り上げて非常に良かった▼同オペラは1998年に初演され、御柱年ごとに上演され…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP