八面観

2021年2月28日付

昭和の頃に住んだ家の間取りから思い出を語る会に参加した。都内の博物館がオンラインで開いた。幼少期の記憶をたぐり、喜怒哀楽の全てが詰まった暮らし、そこで子育てに懸命だった親の姿を思い出して胸が詰まった▼ここで過ごした子どももいつかそんな気持ち…

全文を読む

2021年2月27日付

車の自動運転が当たり前になり、空飛ぶ自動車が登場。工場ではロボットがフル稼働する。あらゆるデータを活用して構築された「未来都市」のイメージはどんなものだろうか。実感は乏しいが、そんな社会も遠くないかもしれない▼トヨタ自動車が富士山麓の静岡県…

全文を読む

2021年2月26日付

眠くならない薬、蒸れないマスク、曇らない眼鏡。毎年春に欲しくなる品物だ。これだけの備えをして挑む相手は言わずもがな、”国民病”と称される花粉症である。各所でスギ林が徐々に赤みを帯びており、本格的な花粉の飛散開始は近い▼症状を自覚したのは10…

全文を読む

2021年2月25日付

テニスの全豪オープンで大坂なおみ選手が2度目の優勝を果たした。四大大会23勝のキャリアを誇る39歳のセリーナ・ウィリアムズ選手(米国)を2―0で圧倒した準決勝が特に印象深い▼試合後の会見で、ミスの原因を問われたセリーナ選手は、込み上げる感情…

全文を読む

2021年2月24日付

一般国道474号。飯田市の中央道と静岡県浜松市の新東名高速道路を結ぶ総延長約100キロメートルの高規格幹線道路「三遠南信自動車道」のことだ。ルート途中の飯田市上村―南信濃間と浜松市水窪町の一部では、既存の国道152号を「現道活用区間」として…

全文を読む

2021年2月23日付

県信濃美術館から名称も建物も改まって4月10日に開館する県立美術館のロゴマークが発表された。「NAGANO」「ART」「MUSEUM」の頭文字を「NAM」と並べて木立に見立て、水面に映っている様子を図案化している▼初見では古代の文字のような…

全文を読む

2021年2月22日付

諏訪地方で生産が盛んな切り花のアネモネは、12月から2月が出荷の最盛期。原村の生産者、伊藤佐九次さんのハウスでも赤や白、ピンクなどの花が咲き競い、ひと足早く春らんまんの景色が広がる▼中央に15本ほどの支柱が立ち並ぶ伊藤さんのハウス。いまから…

全文を読む

2021年2月21日付

スヌーピーの漫画「ピーナッツ」に出てくるライナス君は、お気に入りの毛布が手放せない。何かに執着することで安心感を得る幼児期のこうした現象は「ライナスの毛布(安心毛布)」と呼ばれる。不安を払う「お守り」のようなもの▼「日本のセーフティー・ブラ…

全文を読む

2021年2月20日付

愛犬を亡くし悲しみに暮れる「ペットロス」の女性に、ある男性タレントが自身が5カ月育てた子犬を里子に出した動画サイト・ユーチューブのサプライズ映像に対し、愛犬家らから批判や疑問が相次ぎ、物議を醸している▼男性タレントは、子犬を買った直後、知人…

全文を読む

2021年2月19日付

13日深夜に東北地方を襲っ地震。マグニチュード(M)7・3、最大震度6強、震源は福島県沖との知らせに、10年前の記憶が頭をよぎった。幸い津波はごく小規模で済んだとのことで、まずは胸をなで下ろした▼政府の地震調査委員会によると、東日本大震災の…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP