八面観

2018年01月22日付

昨年12月発表の都道府県別の平均寿命で、県内男性が滋賀県にトップを譲り2位に陥落したことを受けて、県が来年度を初年度とする保健医療総合計画で新たな対策に取り組む。当事者の男性として関心を持ってどんな施策が出てくるか注目したい▼その平均寿命で…

全文を読む

2018年1月21日付

近頃、食料品の買い出しはため息が漏れる。厳冬期には取れる農作物が限られるし、年末年始の書き入れ時が明けた今は出荷者もさぞお疲れだろう。そう引き算しても今冬は野菜の品数、量ともに少なく、何より高騰ぶりに閉口する▼少人数家庭が増えるにつれ、食品…

全文を読む

2018年1月20日付

きょうは一年で最も寒い時期とされる「大寒」。気象の異変が社会問題になっているが、この冬も天候に関するニュースが多い。雪は交通や物流、雪かきの重労働など日常生活に大きな影響を与えると痛感させられる▼今月11~12日、新潟県三条市のJR信越線で…

全文を読む

2018年1月19日付

オカメス(メダカ)、カヤの実、ハチの子ご飯…。伊那谷出身のジャーナリスト、本多勝一さんは少年時代、故郷の山や川で遊び、実に多様な自然の幸を味わっている。昆虫や草花も貴重な栄養源であり、ごちそうでもあったのだろう▼昭和10年代に小学生だった本…

全文を読む

2018年01月18日付

「口がある人は、ローマに行く」。ブラジルのことわざだそうだ。道を尋ねさえすれば、いつかはローマにたどり着ける。転じて、人間同士のコミュニケーションを取ることができれば、どんな目的でも達成できる、という意味だという。青年海外協力隊で知られる国…

全文を読む

2018年01月17日付

「社会を明るくする運動」作文コンテスト。今年度の県コンテストも多くの作品が寄せられた。最優秀賞6点のうち3点は、祖父母らとのやり取りが題材。おじいちゃんやおばあちゃんの姿や言葉が、心にどう響いたのか、素直な気持ちをつづっている▼小学校の部。…

全文を読む

2018年01月16日付

年配の人にとって、現在のどんど焼きや成人式などの開催日は、違和感を覚えてならないだろう。どんど焼きといえば、1月14日から15日にかけて、成人式は15日に行うのが当たり前だとずっと頭の中に刷り込まれていた。その日に行うのは何かしら意味がある…

全文を読む

2018年1月15日付

1988年カナダ・カルガリー。五輪のスピードスケート競技で、黒岩彰さんは男子500メートルのスタートラインに立った。4組アウトコース。号砲とともに、スタートが切られた▼「4組アウト」とは因縁が深い。優勝候補と言われながら10位と惨敗した4年…

全文を読む

2018年01月14日付

中心市街地や商店街の活性化は必要なのか―。行政などが支援策を打ち出すたびに、こうした住民の声を耳にしてきた。車社会の進展で商業施設や住宅地は郊外へと広がり、まちの玄関口と表現される鉄道駅の利用者も限られてきている。誰のための投資なのかとの疑…

全文を読む

2018年01月13日付

諏訪湖は八ケ岳とともに、言うまでもなく諏訪地方のシンボルの代表格だろう。上伊那で生まれ育った身としてはおこがましいが、地域の人たちにとって心のよりどころになっているに違いないと思う▼昨年秋のこと、ある取材で小舟に乗せてもらった。湖上では、岸…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP