八面観

2018年9月23日付

「スポーツの秋」となり、諏訪地方は秋の運動会シーズンに突入した。保育園や小学校だけでなく、各地区や企業などでも行われる秋の一大イベント。そんな運動会は、いつどのようにして始まったのだろうか▼日本の運動会のルーツは、1874(明治7)年に海軍…

全文を読む

2018年9月22日付

毎年この時期になると、夜の諏訪湖は人の姿が目立って増える。暑くもなく、寒くもない。体を動かすにはちょうどいい季節だからだろう。日が落ちた頃合いの時間には、湖畔はジョギングやウオーキングの人が絶えない▼先日仕事帰りに、湖畔を30分ほど歩いた。…

全文を読む

2018年09月21日付

イグ(ig)は英語の否定的な接頭辞。ノーベル(Nobel)と組み合わせると下品な、不名誉なという意味の「ignoble」に似ることからノーベル賞のパロディーとして創設されたそうだ。「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる▼この…

全文を読む

2018年09月20日付

小学生から一般までの書作品を募集し、今年で第45回を数える「信州書道展」。入賞入選者と主な作品を19日付の本紙で紹介した。一般の作品もさることながら、子どもたちの元気な字や大人顔負けの書は心を楽しくさせる▼字が上手な人がうらやましい。子ども…

全文を読む

2018年09月19日付

どこからだろうか。夜風に乗って、トコトコトン―と聞こえてくる太鼓の音。秋祭りに向けて、年番耕地の氏子たちが練習しているのだろう。お祭りのお囃子は秋の音。この夏の暑さに参っていただけに、遠くの方でかすかに響く音を耳にするだけでほっとする▼マン…

全文を読む

2018年9月18日付

「天災は忘れた頃にやってくる」―。そんな警句も無用と思えるほど自然災害が相次ぎ、忘れるどころか息つく暇もない。大阪府北部地震、西日本豪雨、台風21号、北海道の地震。災害レベルという猛暑もあった▼「天災は―」は、物理学者・随筆家の寺田寅彦(1…

全文を読む

2018年09月17日付

記録的な暑さだった今年の夏も、はや懐かしささえ感じるほどに秋が駆け足でやってきた。市町村を代表する夏祭りも一段落し、遠い過去のようだ。この夏も多くが足を運び、それぞれに思い出を作ったのではなかろうか。一方で、祭りを提供する側にとってはどんな…

全文を読む

2018年09月16日付

しばらく前のニュースで、運転免許を返納した高齢者が運転経歴証明書を申請するため、車を運転して警察署を訪れて、無免許運転で検挙されるという話があった。他人事と突き放せば笑い話ではある▼県警の昨年の交通統計によると、高齢運転者(65歳以上)が第…

全文を読む

2018年09月15日付

すさまじい土砂崩落が各地で相次ぎ、自分の身近にも不安を抱かずにはおれない。県土の8割を森林が占める信州は他人事でない。だが、土砂災害は「どこにでも起こる現象ではない」と辰野町の農学博士、山寺喜成さんは言う▼隣近所で被害の明暗を分かつのも運と…

全文を読む

2018年09月14日付

最大震度7を観測した北海道の地震は発生から1週間が経過した。停電や交通インフラは復旧が進む一方で、避難所生活は長期化の様相だ。加えてインターネット上でのデマに不安を募らせている人もいる▼地震後も自宅で過ごしている女性は、再び揺れが来るとの誤…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP