八面観

2018年4月27日付

毎年、暑さがこたえる時期になると、梓川の清流に触れたときの冷たさと心地よさを思い出す。夏の上高地の魅力の一つだ。きょうは50回目の上高地開山祭。本格的な観光シーズンが幕を開ける▼霧ケ峰などの山岳文化や登山史に詳しい研究家、布川欣一さんの労作…

全文を読む

2018年4月26日付

今年もGW(ゴールデン・ウィーク)がやって来る。毎年「昭和の日」「憲法記念日」「みどりの日」「こどもの日」と休日が集中する4月末から5月初めにかけて訪れる大型連休。多くの人が楽しみにする黄金週間で、今年は最大9連休になる企業もあるようで、う…

全文を読む

2018年04月25日付

初夏を迎えようとするこの時期。楽しみな食べ物の一つが山菜や野草だろう。畑で育てられた野菜にはない強い風味がいい。先日立ち寄った直売所にも、コシアブラやコゴミなどの青々とした品が並んでいた▼個人的に言えば、山菜と言ってすぐ思い浮かぶのが、オオ…

全文を読む

2018年04月24日付

とにかく参加し、汗をかくことで体を“冬眠期”から目覚めさせる場となっている。職場が上伊那に移って以来5回は出させてもらったか。5月5日、中川村の信州なかがわハーフマラソン。自分の中では春の儀式のような行事になった▼天竜川から42メートル余の…

全文を読む

2018年04月23日付

公立諏訪東京理科大学が開学し、茅野市のキャンパスは工学部2学科に342人の新入生を迎えた。県内外から多くの若い人材が集まる期待は大きい▼定員の300人を上回る1期生は少なくも今後4年間、この地で生活を送る。学生が卒業後もとどまり、やがて家庭…

全文を読む

2018年4月22日付

一気に夏日となった21日。屋外にいて、風に気持ち良さを感じられたのは午前11時ぐらいまでだったような気がする。空気が暖かくなってきたと思ったら、昼すぎには、言葉の通り夏を思わせる陽気になった▼多彩な花が伊那谷を埋める季節。平地では桜が終わり…

全文を読む

2018年4月21日付

「失敗を恐れず、勇気を持って何事にも果敢に挑戦してほしい」。新年度が始まるこの時期、トップの訓示でよく聞かれる言葉である。とりわけ新人に向けられる場合が多い▼額面通り受け取る人がどれほどいるか。誰でも失敗は怖いし、できれば避けたいのが人情だ…

全文を読む

2018年4月20日付

職場のパワーハラスメント(パワハラ)に関する記事を目にするたびにイソップ寓話「北風と太陽」を思い出す。どちらが旅人のコートを脱がせられるかを競う物語。そこには厳しい態度は相手をかたくなにさせ、温かく優しく接すれば心を開く組織行動学的教訓が盛…

全文を読む

2018年4月19日付

かつて製糸工場の事務所だった建物に古道具店や古着物店が次々と入居し、今度は写真スタジオがまもなく開店する。延べ640平方メートルほどの2階屋にすべて借り手が付いて、大家さんも驚く人気ぶりだ▼シルク岡谷の一翼を担った吉田館は、岡谷市の中心市街…

全文を読む

2018年04月18日付

「農業は作ったものを始末することがとても大切なの」と富士見町の農家の主婦、伏見政子さんは言う。出来の悪いものも収穫物は全て工夫して使い切る。近頃はこの「始末」をできない人が多いようだ―と伏見さん。消費者が気づきにくい指摘にハッとさせられた▼…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP