八面観

2019年07月23日付

3人に1人が経験済み?。幸運な体験であれば言うことなしだが、実はパワーハラスメント(パワハラ)を受けた割合だ。ここ数年、盛んに問題視されながら一向に減る気配がないどころか、統計的には増えているらしい。行為が行為だけに、そんなに人の心は荒んで…

全文を読む

2019年07月22日付

富士見高原の夏は都会から合宿に訪れる子ども、学生でにぎやかだ。その一団の通り過ぎざま、聞こえた会話にギョッとした。「うわっ、虫だ。気持ち悪い。全部死んじまえばいい」▼昆虫嫌いの子どもは確かに増えているらしい。噛みつくとか刺すとか害があるなし…

全文を読む

2019年7月21日付

直径60センチ余の円形に黄や青の花火が輝き、高島城、諏訪湖が描かれている。観光PR用のポスター?いや、諏訪市の下水道マンホールのふたの図案。鮮やかな色調が目を引く▼諏訪市が公共下水道開始40年の節目に図案を公募し、最優秀賞に選ばれた市内の4…

全文を読む

2019年7月20日付

いよいよ大詰めである。参院選は20日、17日間の選挙運動最終日を迎える。全国各地の選挙区では、立候補者が繁華街や大票田を抱える都市部の街頭で、最後の訴えを行う。果たして、選挙に対する有権者の関心度はどうだろうか▼選挙戦が終われば、新たな国会…

全文を読む

2019年7月19日付

人間がイノシシによる農業被害に悩まされるのは昔からのことで、江戸期には農地への侵入を防ぐために「猪垣」や「猪土手」が各地に築かれた▼大規模なものとして県内では、茅野市・原村・富士見町にまたがる八ケ岳西麓の16キロ、辰野町・箕輪町・南箕輪村の…

全文を読む

2019年07月18日付

7月7日が「川の日」であることを今年の七夕で初めて知った。天の川にちなむという。「川の日」の前後に水辺に親しみ、水の恵みに感謝するイベント「水辺で乾杯」が、天竜川流域などで行われていることも初めて知った▼「川の日」は国土交通省が1996(平…

全文を読む

2019年07月17日付

旅の途中、ゆらゆらと水面に映る月影に、おのれと同じ旅人を夢想したのだろうか。〈月も水底に旅空がある〉。句集「草木塔」に収められている種田山頭火の句作。旅に生きた漂泊の俳人は、月を題材にした数多くの句を詠んでいる▼編集工学研究所長の松岡正剛さ…

全文を読む

2019年07月15日付

きょう7月15日は日本の祝日の一つ「海の日」だ。海に面していない長野県民にとっては、あまりピンとこない日で、長野県民特有の感情かと思いきや、意外にも海がないのは栃木や群馬、山梨、岐阜、滋賀など8県もあり、みな同じ感情をいだいているのだろう▼…

全文を読む

2019年7月14日付

歩いていて、今まで気にしなかった段差に足がすくむ。さほどでないと思っていた坂道でも息が切れる。「自分は若い」なんて高をくくっていても、体力の衰えはやってくる。一定の年齢に達したら、誰でも多かれ少なかれ感じることだろう▼自分の体にちょうどそん…

全文を読む

2019年07月13日付

中央アルプス駒ケ岳で、北ア乗鞍岳から飛来したとみられる雌のライチョウ1羽が約半世紀ぶりに見つかり1年。中アでは絶滅したとされる国特別天然記念物の“復活”が、注目を集めている▼元中ア地区山岳遭難防止対策協会救助隊副隊長で民俗研究家の塩澤一郎さ…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP