八面観

2021年5月16日付

富士見町井戸尻考古館が収蔵する出土品に「人体絵画土器」がある。1968年に同町烏帽子の唐渡宮遺跡で見つかった縄文中期後葉(約4500~4000年前)の大型深鉢。出産する女性だろうか。胴部分に毛筆風のタッチで絵が描かれる▼「日本最古の絵画資料…

全文を読む

2021年5月15日付

米国のSF作家レイ・ブラッドベリの代表作「火星年代記」(ハヤカワ文庫、小笠原豊樹訳)に登場する火星人は茶色がかった美しい肌、黄色い貨幣のような目、柔らかい音楽的な声の持ち主と、なんともチャーミングに描かれている▼地球人の火星探検・植民をテー…

全文を読む

2021年5月14日付

ユネスコ(国連教育科学文化機構)世界自然遺産に鹿児島、沖縄両県の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が登録される見通しになったという。国内の自然遺産は2011年の小笠原諸島(東京都)に続き5件目となる▼自然遺産は、ひときわ優れた自然美…

全文を読む

2021年5月13日付

何か、ほかの方法を考えないとね―。子ども食堂を運営してきた女性がため息をついた。年に数回開いてきたが、新型コロナの影響で昨年中止に。それ以来開けていない。顔なじみになった子どもたちが気がかりだともつぶやいた▼厚労省によると、コロナを理由に解…

全文を読む

2021年5月12日付

伊那市の夏を彩る市民祭り「伊那まつり」は、2年連続で開催を見合わせる方針が決まった。前身の「勘太郎まつり」から数えて64回目となる伝統の祭り。例年は熱気あふれる市民踊りや花火大会で大いに盛り上がる。コロナ下とはいえ、一抹の寂しさを感じる▼新…

全文を読む

2021年5月11日付

立ち止まり、しばらく目を凝らしていたが、ついに見つけることができなかった。山里の寺の境内だった。ホーホケキョと、目の前の枝のあたりから確かに聞こえる。きっと向こうからはこちらが丸見えなんだろう。そっと近づくと、今度は別の枝のあたりから聞こえ…

全文を読む

2021年5月10日付

毎年この時期、気が重たくなることが一つある。健康診断である。自分のからだのためであることは重々承知しているが、日ごろの不摂生が露見するようでどうも落ち着かない。診断結果は通知表をもらうような心境になる▼検査項目のランクを示したレーダーチャー…

全文を読む

2021年5月9日付け

「あって当たり前」と思い込んでいることは案外多い。健康や変わらぬ日常、家族の存在、伝統ある行事や儀式など。昨年来、それら当たり前がことごとく覆され、かけがえなさや影響の大きさを感じている▼「成人」の節目は大人の自覚と責任感を養い、子ども時代…

全文を読む

2021年5月8日付

新型コロナウイルスワクチン接種のスピードが諸外国に比べて遅いとされる日本だが大型連休が明け、県内でも高齢者向けの接種が徐々に本格化する見通しになっている。感染防止の「切り札」として大きな期待がかかる▼情報が十分届かず、住民の不安が拭い切れな…

全文を読む

2021年5月7日付

水をたっぷりと蓄えた田んぼが鏡面となり、青空と流れる雲を映し出す。辺りに目をやれば、人も農機もせっせと働いている。今年も地域で田植えが始まった。何かと自粛ムードが続く日常にあって、春らしい光景に安どする▼大型連休は親せきの田植えを手伝うのが…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP