松くい虫被害木抽出 伊那でドローン実証試験

LINEで送る
Pocket

高性能センサーを搭載したドローンの空撮映像を見ながら実証試験について説明を受ける関係者=25日、伊那市富県の高烏谷グラウンド

伊那市や信州大学山岳科学研究所などは25日、小型無人機「ドローン」を松林の上空で飛ばし、松くい虫の被害状況を調べる実証試験を同市富県地区で行った。JAXAの先進光学衛星に載る高性能センサーと同様の機能を持つ小型装置をドローンに搭載。至近距離から松林を確認することで、より高精度な被害木の抽出が可能性になると期待されている。得られたデータから被害区分図などを作成し、被害の拡大防止に役立てる考えだ。

長時間飛行が可能な産業用ドローンに高性能センサーを搭載し、被害木が確認されている松林(約5ヘクタール)の上空で飛ばした。同研究所の加藤正人教授が高分解能衛星データで開発した被害木抽出技術を活用。松の葉が太陽光を反射する強さをこのセンサーでとらえ、その度合いから▽健全木▽感染木▽枯死木―に分類するという。

加藤教授によると、ドローンを活用すれば、地表の様子を識別する能力(地上分解能力)は、先進光学衛星の約10倍のレベルまで向上。1本の木の中をより細かく見ることができ、被害の見落としを大幅に減らせるという。

伊那市では10年ほど前から松くい虫被害が発生。昨年度の被害量は過去最高の2847立方メートルに上った。試験に立ち会った白鳥孝市長は「感染木と健全木が分かれば、ピンポイントでの対策が可能になる。一帯はマツタケ産地でもあり、いい成果が生まれることを期待したい」とした。

松くい虫の被害状況は目視調査が中心で自治体職員らの負担は大きく、人による誤差や見落としもあるという。加藤教授は「森林所有者やマツタケ生産者、自治体職員に貢献できる技術開発を伊那市と連携して進めていきたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP