経済

経済効果6億6800万円 諏訪圏工業メッセ

10月13~15日に諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地)であった「諏訪圏工業メッセ2016」の実行委員会は8日、第4回の会合を岡谷市のライフプラザマリオで開いた。開催効果(速報)を報告し、出展を契機に受注があった企業は8…

全文を読む

機械式腕時計を記念発売 下諏訪の儀象堂

20週年記念モデルの機械式腕時計=儀象堂

下諏訪町の諏訪湖時の科学館・儀象堂は17日から、来春の開館20周年を記念して、オリジナル機械式腕時計の記念モデル「G2017」を発売する。300個限定。時計を組み立てるところから体験できるコースも用意している。 従来型をモデルチェンジした第…

全文を読む

純高遠産の新酒「やまむろ」奉納

鉾持神社松尾社に奉納された「やまむろ」=8日、高遠町

伊那市高遠町の酒販店でつくる高遠旨い酒研究会(北原義克会長)は8日、鉾持神社松尾社に純米搾りたて生原酒「やまむろ」を奉納した。純高遠産の新酒を11日から高遠限定で発売する。 農事組合法人山室が高遠町山室で栽培した酒米「ひとごこち」を100%…

全文を読む

大粒イチゴ収穫本格化 諏訪湖いちご園

大粒イチゴの収穫が本格化=8日、諏訪市有賀

諏訪市豊田有賀の「諏訪湖いちご園」でイチゴの収穫が本格化し、養液栽培のハウス内で育った真っ赤な大粒をパックに詰めて近くの農産物直売所に出荷している。今月下旬になるとクリスマスケーキ用の需要が加わり、一段と忙しさが増す。 甘い「あきひめ」、程…

全文を読む

車山高原スキー場 オープン間近、雪準備

ライトに照らされたゲレンデでの雪づくり。スノーマシンが細かな雪の粒を勢いよく吹き上げている=7日午後8時20分ごろ

日増しに寒さが厳しくなるという二十四節気の一つ「大雪」の7日、茅野市の車山高原スキー場では間近の今季オープンを目指しゲレンデ準備が進められた。 同スキー場では11月下旬から雪づくりを始めた。オープンは10日予定だが雪づくりが順調のため、9日…

全文を読む

寒天作り本格化 茅野

青空の下で今季最初の天出し作業=茅野市宮川の五味喜一商店

冬の寒さを利用した諏訪地方特産の角寒天作りの季節を迎え、茅野市宮川の「イリイチ」(小池隆夫社長)と「五味喜一商店」(五味喜一社長)で5日、青空の下、生天を田んぼに並べる天出し作業が始まった。寒さとともに各工場で本格化し、来年2月上旬まで、わ…

全文を読む

セロリ種まき始まる JA原村育苗センター

セロリの種まき作業が始まった原村育苗センター

JA信州諏訪原村育苗センターで5日、諏訪地方の主力農産物のセロリの種まき作業が始まった。作業は6月ごろまで続く予定で、来年1月5日からは、育苗した苗の農家への引き渡しが始まる。 種まきは、縦約40センチ、横約30センチの育苗箱に均等に土を入…

全文を読む

「羽広菜」広がる可能性 伊那で品評会

食べ方のバリエーションなど、3年目を迎えて新たな可能性も探った品評会

伊那市西箕輪羽広の伝統野菜「羽広菜」の品評会が4日、同市羽広公民館で開かれた。地元の栽培者十数人が自慢の収穫物を出品。羽広区と羽広菜部会が主催して3年目で、多くの区民が来場して出来栄えを見比べた。今回初めて食べ方のレシピについても情報交換し…

全文を読む

自前SUWAロケット 来年3月打ち上げへ

小型ロケットの打ち上げを通じてものづくり技術の高度化を図る、諏訪地方6市町村と信州大学工学部の「SUWA小型ロケットプロジェクト」は3日、全体の打ち合わせを岡谷市中央町のララオカヤ内信州大学大学院諏訪圏サテライトキャンパスで開いた。既製品に…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP