経済

上諏訪駅東口開発 商業棟3階建て基本

諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業の主体となる民間会社「諏訪駅前開発」は28日夜、計画概要の説明会を市文化センターで開いた。商業棟は3階建てを基本とし、市の公共スペースは3階部分に設けると説明。住居棟は90~100戸の集合住宅を計画している。…

全文を読む

上諏訪駅前にツルヤ出店へ 諏訪駅前開発

諏訪市のJR上諏訪駅東口の開発事業で民間会社「諏訪駅前開発」が建設する商業棟の核店舗として、県内で食品スーパーを展開するツルヤ(小諸市)が出店を計画していることが27日、分かった。実現すれば、諏訪地域には初進出となる。また、商業棟の隣に建て…

全文を読む

笑顔の広小路商店街 空から紹介

駒ケ根市の広小路商店街振興組合は26日、商店街の魅力を発信し活性化につなげようと制作した公式動画などの披露イベントを同商店街の「スマイルハウス広小路」で開いた。空撮で中央アルプスを背景にした景観の素晴らしさを映し出した公式動画を公開。コンテ…

全文を読む

山岳観光客を市街地へ こまがねテラス概要報告

駒ケ根市の中心市街地再生に向け、まちづくりのあり方を考える勉強会のワークショップに参加する市民有志らが24日、市役所に杉本幸治市長を訪ね、来年度から取り組む「こまがねテラス・プロジェクト」の概要を報告した。二つのアルプスの麓のテラスのような…

全文を読む

信州DCまで100日 カウントダウン開始

県とJRグループ6社が展開する2017年のデスティネーションキャンペーン(DC)開始まで100日となった23日、実行委員会はJR長野駅在来線改札口前にカウントダウンボードを設置した。阿部守一知事やタレントで県永久観光大使の峰竜太さんらが除幕…

全文を読む

商店街の魅力動画に 駒ケ根の広小路振興組合

商店街の魅力を発信し、活性化につなげようと駒ケ根市の広小路商店街振興組合(佐々木正博理事長)は同商店街の公式動画を制作した。中央アルプスを背景にした景観の素晴らしさや人々の笑顔などをアピールした3分ほどの映像作品で、インターネットの会員制交…

全文を読む

定期的な一般開放を 諏訪公設市場のあり方

諏訪市公設地方卸売市場審議会は22日、開設者の市から諮問されていた「市場のあり方」について金子ゆかり市長に答申した。市場の存続を求めた上で、活性化策として市場の定期的な一般開放の検討などを要望。市直営にこだわらず、公設民営化や指定管理者制度…

全文を読む

増える多肉植物好き 高まる需要に対応

近年、若い女性を中心に人気が高まっている多肉植物。かわいらしい見た目や管理の手軽さが人気の秘密で、全国で愛好者が増えている。多肉植物を扱う原村の八ケ岳中央農業実践大学校の花の直売所でも、ここ数年、購入する人が増えており、村内の生産者は高まる…

全文を読む

5月にベトナム視察 諏訪商議所70周年事業

諏訪商工会議所は、会員事業所などの参加を募り、日本企業の間でここ数年、関心が高まっているベトナムへの視察研修を5月に行う。商議所の創立70周年記念事業として計画。諏訪地方から同国へ進出した企業を視察し、日本貿易振興機構(ジェトロ)現地事務所…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP