経済

諏訪圏工業メッセ中止 出展社の意向考慮

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、県内最大の工業見本市「諏訪圏工業メッセ2020」(10月15~17日)の開催の可否について検討してきた同実行委員会の「新型コロナウイルス感染症・諏訪圏工業メッセ対策本部」(座長・岩波寿亮同実行委員長)は…

全文を読む

一時帰休の実施、検討6割 諏訪市内製造業

諏訪市と諏訪商工会議所は、市内製造業60社を対象に実施した4~6月期の工業景況調査の結果をまとめた。新型コロナウイルスの影響で自動車部品を中心に受注が大幅に減少し、計画休業などの一時帰休を実施、検討している企業が全体の6割以上に達した。リス…

全文を読む

「お盆市」事前注文で 上諏訪駅前通り商店街

諏訪市の本町二丁目上諏訪駅前通り商店街(約30店舗)は5日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて中止した「駅前朝市」の代替案として、事前に注文を受け付け、同商店街で個別に商品を受け渡す”新様式”の「お盆市」を開催すると発表した。顔なじみの…

全文を読む

プレミアム地元応援券 箕輪町が販売開始

箕輪町は3日、購入金額に3割上乗せした町プレミアム付き商品券「コロナに負けるな!みのわ地元応援券」の販売を始めた。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた町内の事業者への支援、地元住民の暮らしへの応援が目的。事前申し込みした人が対象で、31日…

全文を読む

諏訪圏工業メッセ 開催の最終判断、盆前に

県内最大の工業見本市「諏訪圏工業メッセ2020」の実行委員会(委員長・岩波寿亮諏訪商工会議所会頭)は30日、今年の開催について「判断を盆前まで延期する」と発表した。当初は7月末までに最終的な結論を出す方針だったが、新型コロナウイルスの感染拡…

全文を読む

ワカサギ漁限定解禁 諏訪湖漁協

諏訪湖産のワカサギの需要が高まる時期に合わせ、諏訪湖漁業協同組合は30日、投網漁を午前4時から6時までの2時間に限って解禁した。雨の中13人が舟を出し、約39キロを水揚げした。昨年に比べ当歳魚が占める割合が高かった。 諏訪市渋崎の諏訪湖漁業…

全文を読む

生物多様性農場オープン 富士見

富士見町大平の野菜のテーマパーク「カゴメ野菜生活ファーム富士見」に29日、野生の動植物と共生する農業を実践し、生物多様性保全の大切さを楽しみながら学べる農場が完成、オープンした。約1.2ヘクタールの農地内に昆虫を繁殖させるための仕掛けや野鳥…

全文を読む

蓼科の魅力投稿を 3観光協会がフォトコン

茅野市の蓼科、蓼科中央高原、奥蓼科の三つの観光協会は、写真共有アプリのインスタグラムを活用した「蓼科フォトコンテスト2020」を開催している。蓼科湖や乙女滝、御射鹿池などで撮影した爽やかな写真を9月30日までの間に投稿してもらい、入選者50…

全文を読む

ランチスタンプラリー来月1日から 駒ケ根

中心市街地再生を図る駒ケ根市の「こまがねテラス」は、「まちなかランチスタンプラリー」を8月1日から始める。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける飲食店を支援しようと、店内やテークアウト(持ち帰り)で昼食を楽しみながら中心市街地の店舗を知っ…

全文を読む

5月宿泊者前年比96.5%減 上諏訪温泉

諏訪市の上諏訪温泉にある旅館・ホテルでつくる諏訪湖温泉旅館組合は、新型コロナウイルス感染拡大に対応した3~6月の宿泊者数をまとめた。前年同月比で4月が88.6%減、5月はさらに96.5%減まで深く落ち込み、休業要請や往来自粛を受けて深刻な状…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP