経済

飲食店応援チケット好調 参加店「お礼」用意

茅野市内の飲食店で利用できる10%のプレミア付き応援チケット「Yell Yell Yell(エール・エール・エール)」が好調な売れ行きを見せている。実行委によると、売り出しから1カ月間で1111枚を販売。購入者の8割以上が市民で、苦しむ地元…

全文を読む

営業再開へ最後の準備 上伊那地方の施設

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い長期休業を余儀なくされた上伊那地方の施設が、再開に向けて徐々に動き始めている。1日から営業を再開する各施設は、5月31日、最後の準備を行った。 駒ケ根市の駒ケ根高原に立地するレストラン「味わい工房」は、緊急…

全文を読む

来月上旬から再開へ 諏訪地方のホテル・旅館

新型コロナウイルスの感染拡大防止による県の休業要請の緩和を受け、諏訪地方のホテル・旅館などの宿泊施設の多くが、6月上旬から営業を再開する。各施設では感染防止対策を徹底。チェックインカウンターに飛沫防止のアクリル板を設置するなど準備を進めてい…

全文を読む

小松組合長を再任 JA信州諏訪総代会

JA信州諏訪は28日、通常総代会を茅野市のマリオローヤル会館で開いた。役員の選任、前年度の事業報告、定款の一部変更など11議案を原案通り可決した。理事35人、監事8人を選任し、閉会後の理事会で小松八郎組合長(69)=原村=を再任した。任期は…

全文を読む

SUWAブランド 新たに2社8品認定商品に

官民連携で諏訪地域の企業の商品の統一ブランドを展開する「SUWAブランド推進委員会」(岩波尚宏委員長)は27日、岡谷市と富士見町の2社の計8品を認定商品に加えたと発表した。諏訪地方の風物詩を実際の音源を用いてデザインしたグリーティングカード…

全文を読む

駒ケ根市のプレミアム付応援券 受け付け開始

駒ケ根商工会議所と駒ケ根市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける市内飲食店を支援する「プレミアム付応援券」の購入申し込みの受け付けを始めた。市ホームページ(HP)か往復はがきで事前に受け付け。多数の場合は抽選を行い、当選者に販売する。…

全文を読む

高校求人減を懸念 長野労働局が枠確保を要請

長野労働局は26日、新型コロナウイルス感染症の影響で高校卒業予定者の求人の減少が懸念されるとして、県や県教育委員会とともに、県内経済4団体に対して求人枠の確保を要請したと発表した。 今年3月に県内の高校を卒業した生徒の就職内定率(同月末時点…

全文を読む

移動販売あすから 障がい者支援のジャンピン

富士見町内の障がい者就労支援事業所「Jumpin’(ジャンピン)」は、食料品や日用雑貨を搭載した車で町内を巡回する移動販売を28日から始める。買い物弱者の支援として新たに事業をスタートする矢先に新型コロナウイルスの感染拡大で足踏みを余儀なく…

全文を読む

雪不足と新型コロナ影響大 県内スキー場

県内主要スキー場の2019年度の利用者数が、前年度比41万7千人減の440万9千人(速報値)となり、1992年度の調査開始以降で最も少なかったことが、一般財団法人の長野経済研究所のまとめで分かった。雪不足と新型コロナウイルスの感染拡大で客足…

全文を読む

テークアウト情報チラシ完成 岡谷市と商議所

岡谷市と岡谷商工会議所は、市内飲食店のテークアウト(持ち帰り)と宅配サービスの情報をまとめたチラシ「テイクアウト大特集」を作製した。新型コロナウイルス感染拡大で経済的に大きな打撃を受けている飲食店を支援しようと、43店舗の情報を掲載。市内全…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP