経済

ブロックチェーンで電力売買 来年2月実証実験

富士見町に本社を置く電力小売事業者、森のエネルギー(坂越健一社長)とグループ親会社のelDesign(エルデザイン、本社東京都)などは、情報管理技術のブロックチェーンを用いて町内の企業、個人の間で電力売買の取り引きをする実証実験を来年2月に…

全文を読む

インクジェット印刷で電子回路 エプソンなど

インクジェット技術で液体金属を直接印刷し電子基板を製造する“新しいものづくり”の量産化で、フレキシブルプリント基板の新興メーカー、エレファンテック(東京都中央区、清水信哉社長)とセイコーエプソン(諏訪市)、三井化学、住友商事など9社は14日…

全文を読む

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。ハウス内にはカラフルな花と芳香が広がり、来場者がお…

全文を読む

まつもと空港冬期の神戸線 観光客誘致を

フジドリームエアラインズ(FDA、本社・静岡市)が今年度の冬期ダイヤ(10月27日~2020年3月28日)で、信州まつもと空港と神戸空港を結ぶ新路線を開設したことを受け、県は神戸市の旅行事業者を招いた現地視察(ファムトリップ)を県内自治体と…

全文を読む

玄米粉と黒豆きな粉のマドレーヌ 辰野町

辰野町商工会女性部(松井夕起子部長)は、町の土産品づくりプロジェクトで、同町下辰野の菓子司・味香月堂(小澤良教店主)とともに新商品「おらが町の米(ま)どれーぬ」を共同開発した。地場産の玄米粉を主材料に黒豆きな粉を合わせ、本来は洋菓子のマドレ…

全文を読む

台風落果リンゴでアップルパイ 菓子庵石川

伊那市荒井の菓子店「菓子庵石川」は、台風19号の強風で落果した上伊那産のリンゴでアップルパイを作り、JA上伊那本所まつりの会場で9日に販売する。当日の売り上げの3分の1を寄付し、同JAは果樹農家の集荷販売対策に活用する。社長の石川信頼さん(…

全文を読む

茅野市豊平に小水力発電所 地元企業が計画

小水力発電事業の3V小水力発電(茅野市豊平、松本修二社長)は5日、茅野市役所で会見し、同市豊平の角名川沿いに小水力発電所「八ケ岳水力第1発電所」を建設すると発表した。8日に着工し、来年7月の完成と発電開始を目指す。同社によると、市内企業の小…

全文を読む

あずさ利用者おもてなし 諏訪地方観連など

県諏訪地域振興局や諏訪地方観光連盟などは2日、台風19号による線路内への土砂流入で運休していたJR中央東線の特急「あずさ」の運転再開を祝い、茅野、上諏訪、岡谷の3駅であずさ利用者への「おもてなしイベント」を行った。観光団体の関係者らが各駅で…

全文を読む

「板織り」岡谷シルク 4、5日東京で展示会

シルク文化の継承・振興に取り組む岡谷市のNPO法人「シルク文化協会」(原田尹文理事長)は11月4、5の両日、「シルク衣裳展示会」を東京・銀座にある県情報発信拠点「銀座NAGANO」で開く。極太の絹糸を使用し、「板織り」の技術で製作したベスト…

全文を読む

2020年3月期業績予想 エプソンが下方修正

グローバルな厳しい経営環境など背景にセイコーエプソン(諏訪市)は30日、2020年3月期の通期連結業績予想を下方修正した。売上収益は前回4月の公表値に対して6.2%減の1兆600億円、純利益は同40%減の270億円とした。同社では、中国やイ…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP