経済

「旬の味」ふんだんに カゴメ野菜ファーム

富士見町大平の野菜のテーマパーク「カゴメ野菜生活ファーム富士見」で今季の営業が始まった。新型コロナウイルス感染予防のため、工場見学や収穫・調理体験は当面休止とし、対策を徹底した上でレストランとショップのみ営業。4日は旬の野菜をふんだんに使っ…

全文を読む

エプソンが投資ファンド 50億円ベンチャーに

セイコーエプソン(諏訪市)は、協業・オープンイノベーションの加速を目的に事業提携する企業などを対象としたベンチャー投資事業ファンドに乗り出す。子会社、エプソンクロスインベストメント(EXI、東京都)を設立。総額50億円のファンドを立ち上げ、…

全文を読む

業況判断指数悪化、低水準に 日銀松本3月短観

日銀松本支店が1日発表した3月の県内企業短期経済観測調査(短観)によると、海外経済の減速や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全産業の業況判断指数は前回12月調査から7ポイント悪化のマイナス14となった。記録的な大雪で長期間、交通機関がマヒ…

全文を読む

新型コロナ警戒し入社式 セイコーエプソン

新年度初日の1日、県内でも企業や団体の入社式が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大で中止や縮小する企業も多く、先行き不透明な中で各組織とも貴重な新戦力を迎え入れた。 セイコーエプソン(諏訪市)では、感染拡大防止で毎年本社体育館で行っていた…

全文を読む

SUWAデザインプロジェクト ウェブで紹介

諏訪市と民間企業でつくる組織「SUWAブランド推進委員会」は1日、首都圏などのデザイナーやクリエーターらと諏訪地域の製造業者らがものづくりの新展開を目指す活動「SUWAデザインプロジェクト」を紹介するウェブを開設する。市産業連携推進室は「も…

全文を読む

信州産の二酸化炭素フリー電力調達 エプソン

セイコーエプソン(諏訪市)は、4月1日から中部電力ミライズ(名古屋市)を通して県企業局の水力発電所で発電した二酸化炭素フリー電力を調達。県内の本社、広丘事業所(塩尻市)、塩尻事業所の3拠点で活用する。使用量の約6割を信州産の電力でカバーする…

全文を読む

駒ケ根バーガーと駒ケ根サンド なごみが販売

駒ケ根市上穂北の手打ち蕎麦処「なごみ」は、駒ケ根名物のソースかつを使ったテークアウトメニュー「駒ケ根バーガー」と「駒ケ根サンド」の販売を始めた。こだわりの食材で仕上げた品をそれぞれ400円(税込み)で提供する。店主の花村寛明さん(42)は「…

全文を読む

岡谷版電子マネー 来月1日サービス開始

岡谷商工会議所は4月1日から、岡谷版電子マネー「Okaya Pay(オカヤペイ)」のサービスを開始する。電子マネーとポイントカードが一つになったカードで、事前に入金しておくと取扱店でキャッシュレスで決済でき、買い物金額に応じてポイントが発行…

全文を読む

ワークラボ八ケ岳で「テレワークDAY!」

世界で感染が拡大する新型コロナウイルス対策として在宅勤務を可能にする「テレワーク」が注目される中、茅野市のコワーキングスペース「ワークラボ八ケ岳」は27日、JR茅野駅前ビルベルビア内の同施設で「はじめてのテレワークDAY!」を開いた。全国各…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP