社会

大地震想定 臨時放送局からの情報伝達訓練

諏訪広域連合と諏訪6市町村、ケーブルテレビのエルシーブイ(本社諏訪市)は17日、大規模災害を想定してFMラジオの臨時災害放送局を立ち上げ、市民に情報を伝達する訓練を同社本社で行った。 広域連合と同社は2013年、災害時に同社が運営するラジオ…

全文を読む

諏訪市観光活性化へ グランドデザイン案発表

諏訪市は17日、観光の活性化に向けた地域の将来像や取り組みを明らかにした「観光グランドデザイン」の案をまとめ、発表した。基本理念を「SUWAらしさがあふれる観光地~自然・伝統文化・人が根付く、オンリーワンの場所へ」とし、地域資源の活用、戦略…

全文を読む

慶大仮想キャンパスに「諏訪の龍神」作品並ぶ

慶応大学経済学部の藤田康範研究会は、メタバース(仮想空間)に、岡谷美術考古館で開いている「小平陽子展~絵本諏訪の龍神さまと縄文の癒し」の出展作品が並ぶ同大の三田キャンパスを作った。仮想キャンパスは19日、諏訪の龍神にまつわる民話を広める地域…

全文を読む

新型コロナ 茅野市警戒レベル「5」

県は16日、新型コロナウイルス感染症の県独自の感染警戒レベルについて、茅野市、駒ケ根市、小諸市と埴科郡坂城町を6段階のうち「5」に引き上げ、特別警報2を出した。いずれも経路不明などのリスクの高い感染事例が多くなっているという。諏訪圏域では岡…

全文を読む

諏訪湖3度目の全面結氷 御神渡りに期待

氷点下10度近くに冷え込んだ15日朝、諏訪湖は前日のさざなみが立つ風景から一変。御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八劔神社(諏訪市小和田)の宮坂清宮司(71)と総代らは、今季3度目の全面結氷を確認した。「大寒にかけて凍結が進めば」(…

全文を読む

横浜の和太鼓コンテスト 伊那の赤羽君優勝

第12回横浜太鼓祭~浜の和太鼓コンテストの味噌六日本一決定戦で、伊那市西春近山本の赤羽幸之助君(10)=西春近北小学校4年=が大太鼓ジュニア部門で優勝した。「味噌六太鼓」と呼ばれる6尺6寸(直径約2メートル)の大太鼓で演奏力を競うコンテスト…

全文を読む

新型コロナ 岡谷市、原村警戒レベル「5」

県は15日、新型コロナウイルス感染症の感染警戒レベルについて、岡谷市、原村、安曇野市、須坂市、千曲市を6段階のうち「5」(特別警報2)に引き上げた。いずれも経路不明などのリスクの高い感染事例が多くなっているという。 諏訪圏域では14日まで1…

全文を読む

シニアの社会貢献紹介 伊那市でミーティング

長寿社会の到来を背景にシニア世代が健康で生き生きと暮らすための先進事例を聞く「上伊那地区タウンミーティング」が14日、伊那市荒井のニシザワいなっせホールであった。上伊那地方で活躍する3団体の代表者が出席。年齢に関係なく身近にできる社会貢献活…

全文を読む

「フラワーロス」減らそう 伊那小児童生け花

規格外の花などが廃棄されてしまう「フラワーロス」を多くの人に知ってもらおうと、伊那市伊那小学校6年夏組の児童36人は14日、学校近くの通り町商店街を訪れ、生け花を飾った。処分される花を買い取ってデザインし、18店舗に展示。命ある花を救いたい…

全文を読む

太陽光発電設置 茅野市森林ほぼ全域抑制区域へ

茅野市は14日の市議会全員協議会で、市生活環境保全条例改正素案を明らかにした。景観を損なう可能性のある区域などに一定規模の野立て太陽光発電設備を設置しないよう要請するため新設する「抑制区域」について、地域森林計画の対象となる民有林や国有林を…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP