社会

伊那市に土地や観音像など寄贈 禁煙友愛会

来年3月末で解散する一般社団法人日本禁煙友愛会は、財産として所有する土地や同所に建つ禁煙延命観音などを本部所在地の伊那市に寄贈することを決めた。本部役員らが14日、市役所に白鳥孝市長を訪ね、目録を手渡した。白鳥市長は「禁煙友愛会発祥の地とし…

全文を読む

かりんちゃんバス 高齢者の利用促進

諏訪市社会福祉協議会や市などは同社協に登録するふれあいサロンの参加者を対象に、市内の循環バス「かりんちゃんバス」に無料乗車できる企画を初めて行っている。高齢者の移動手段としてバスの利用を促進する狙い。13日は赤沼ひまわりクラブの利用者19人…

全文を読む

諏理大9号館起工 大学院と研究活動拡充向け

公立大学法人公立諏訪東京理科大学(茅野市)は13日、大学院と研究活動の拡充に向けて構内に建設する新教育研究棟「9号館」の起工式を現地で行った。大学や諏訪広域公立大学事務組合、県議、施工業者から約50人が参加し、工事の安全と大学や地域の発展を…

全文を読む

死亡事故多発非常事態宣言 諏訪署が啓発活動

県交通安全運動推進本部の交通死亡事故多発非常事態宣言を受け、諏訪署は12日、交通安全の啓発活動を諏訪市の小和田南、下諏訪町の役場前の両交差点で行った。署員、市や町の職員ら計20人が参加。信号待ちの自動車の運転手や歩行者にチラシや啓発グッズを…

全文を読む

諏訪大社の防火体制確認 文化財守る特別査察

諏訪広域消防本部は11日、諏訪大社上社本宮、前宮、下社秋宮、春宮で特別防火査察を実施した。那覇市の首里城の火災を受けて消防庁などが全国に求めた防火対策の一環。職員が2人一組で上社、下社に分かれて査察した。 諏訪市の上社本宮では、幣拝殿や四脚…

全文を読む

来年度末完成へ建設進む 伊那市の環状南線

伊那市の市道環状南線の建設工事が進んでいる。昨年度までに用地取得をほぼ終え、今年度から本格的に工事が始まった。2020年度末の完成を予定。同市の東西地域を結ぶ路線で、今後整備が進む環状北線などと合わせた内環状道路網を形成する幹線道路として期…

全文を読む

スワンバスから撤退 アルピコ交通

アルピコ交通(松本市)が、岡谷市、諏訪市、下諏訪町の諏訪湖周を運行する「スワンバス」外回り線(湖周を時計回りに循環)の運行から撤退することが8日、分かった。同日の諏訪市地域公共交通協議会で同社は、運転者不足のためこれ以上の事業継続は困難と説…

全文を読む

被害リンゴを販売 箕輪北小児童がお礼に

箕輪町の箕輪北小学校3年2組(北原牧子教諭、36人)は、栽培学習でお世話になっている果樹園のリンゴが台風19号の影響で落果被害が出たのを受け、「果樹園を応援しよう」と7日、同町大出のベルシャイン伊北店で被害リンゴの販売会を行った。児童たちは…

全文を読む

諏理大でシゴトーク 社会人と学生が率直意見

県諏訪地域振興局は6日、初の就業促進イベント「シゴトークin諏訪」を茅野市豊平の公立諏訪東京理科大学で開いた。諏訪地方を中心とする企業人事担当者や同大学の学生ら29人が参加。これから就職を迎える学生と、すでに実社会で活躍する社会人が、それぞ…

全文を読む

千曲川の現場視察 赤羽国土交通大臣

赤羽一嘉国土交通大臣が4日、台風19号で決壊したり鉄橋が落ちたりした長野市や上田市などの千曲川の現場を視察した。視察後、阿部守一知事が県庁で赤羽大臣と意見交換し、一部が県管理になっている千曲川や天竜川の国による一元管理、観光業への支援などを…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP