社会

植生水路で水質改善 中門川の白狐橋周辺

県は諏訪湖の水質改善に向け、上川の派川である中門川の白狐橋(諏訪市普門寺)周辺の河川や河川敷にヨシを植えて植生水路を作る計画を29日に諏訪合同庁舎で開かれた諏訪湖環境改善行動会議で明らかにした。ヨシに窒素やリンなどを吸収させた上で秋に刈り取…

全文を読む

高校3年生が産業視察 就職先選択の参考に

伊那公共職業安定所や伊那職業安定協会などは29日、就職を希望する高校3年生を対象にした「産業視察」を行った。上伊那地方の8校と松川高校の生徒381人と、担当の教職員71人が参加。13班に分かれて地元企業を訪れ、仕事内容を聞き、生産現場を見学…

全文を読む

諏訪圏野外保育フォーラム 茅野で7月2日

富士見町のNPO法人ふじみ子育てネットワーク(松下妙子代表)は、野外保育への理解を地域に広げようと7月2日、「諏訪圏野外保育フォーラム」を茅野市の市民活動センター「ゆいわーく茅野」で開く。保育関係者や野外保育に興味を持つ保護者、地域住民らの…

全文を読む

高齢者中心に運転免許の返納増加 伊那市

高齢者が運転する車やバイクの事故が報道等でクローズアップされる中、行政や関係団体による支援施策の拡充を背景に、高齢ドライバーを中心とした運転免許の自主返納が増加傾向にある。伊那市の場合は顕著で、2016年に伊那署で受け付けた自主返納は207…

全文を読む

学生の経済支援へ7項目 諏訪東理大公立化

諏訪東京理科大(茅野市)の来年4月公立化を目指す諏訪東京理科大学公立化等検討協議会は25日、諏訪市役所で第15回会合を開き、成績優秀者向けに新設する返済不要の給付型奨学金など公立化後に大学が行う授業料免除制度を決めた。6月以降に作製する学校…

全文を読む

水質は改善傾向も 諏訪湖で泳ぎたくない

県諏訪建設事務所は25日、今年度策定する諏訪湖の総合計画「諏訪湖創生ビジョン」に反映させる諏訪地方6市町村の住民向けのアンケート調査結果をまとめ、公表した。「諏訪湖で泳いでみたい」と回答したのは17%で、「泳ぎたくない」とした人が「泳ぎたく…

全文を読む

新設住宅着工が2年連続増加 上伊那8市町村

上伊那地方8市町村の2016年度の新設住宅着工戸数は前年比4・4%増の846戸となり、2年連続で増加したことが県伊那建設事務所への取材で分かった。アパートなどの「貸し家」が少なかったものの、注文住宅の「持ち家」と、建売住宅を主とする「分譲」…

全文を読む

理科実験中に体調不良 中学生12人搬送

25日午後2時30分ごろ、岡谷市の岡谷南部中学校から「理科の実験中に生徒が煙を吸い込んで具合が悪くなった」と119番通報があった。2年生12人がせき込むなどの体調不良を訴え、岡谷、諏訪市内の病院に救急搬送された。いずれも症状は軽いという。 …

全文を読む

災害に強い里山に 岡谷南部中生が間伐作業

岡谷市岡谷南部中学校の2年生約70人は24日、2006年7月豪雨災害の被災地となった同市湊にある山林で、間伐作業を行った。災害に強い森林づくりを目指す西山里山の会や、花岡生産森林組合らの指導を受け、84本のヒノキを伐採した。 同校が取り組む…

全文を読む

「高遠の桜」復興の力に 気仙沼市立病院に植樹

伊那市高遠町の固有種で「門外不出」とされるタカトオコヒガンザクラの植樹式が24日、宮城県気仙沼市立病院で行われた。東日本大震災で被災した気仙沼市の景観整備に協力しようと伊那市が寄贈した。両市の関係者約30人が集まり、「高遠の桜」の成長と震災…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP