社会

三六災害60年 節目イベント開催向け初会合

伊那谷に甚大な被害をもたらした1961(昭和36)年の「三六災害」の発生から来年で60年の節目となることを受け、関連イベントの開催に向けた「三六災害60年実行委員会」の初会合が19日、伊那市防災コミュニティセンターで開かれた。来年6月13日…

全文を読む

教職員バスケ コロナで初の中止 諏訪教育会

諏訪教育会は19日、今年度の第4回総会を諏訪市の諏訪教育会館で開き、例年2月に行っている「諏訪郡市教職員バスケットボール大会」を今年度は中止すると各校に通知した。新型コロナウイルス感染症の予防措置が完全に取れないため。60回以上続く大会が中…

全文を読む

レンタサイクル位置把握へ システム実証実験

公立諏訪東京理科大学(茅野市)が中心となって産学公で取り組む「『スワリカブランド』創造事業」で、実証実験が進められている登山者見守りシステムの技術を応用したレンタサイクル利用者の位置を把握する実証実験が18日、諏訪市湖岸通りのホテル紅やマリ…

全文を読む

新品種のユリ 小平奈緒選手の名前

オランダのユリ育種大手フレッターデンハーン社が開発した新品種のユリが、茅野市豊平出身でスピードスケート金メダリストの小平奈緒選手(34)=相澤病院=をたたえて「kodaira」と命名された。ユリ新品種命名式が都内の駐日オランダ大使公邸であり…

全文を読む

「森JOY」今年はオンライン 来月1日に

森を楽しむイベント「第3回森JOY」(伊那市ミドリナ委員会主催)は11月1日に開く。例年は同市の市民の森(ますみケ丘平地林)を会場に開いているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、初めてオンラインで開催する。森の仕事、音楽、食、ア…

全文を読む

「RVパーク」人気高まる 原村が設備拡充

原村所有の温泉宿泊施設「樅の木荘」が管理する施設「RVパーク」(車中泊専用エリア)の人気が高まっている。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて通常の宿泊業が落ち込む中、人との接触が少ない、新しい旅行スタイルとして村は今後も需要が高まると…

全文を読む

古民家1棟貸し 「ヤマウラステイ」開業

一般社団法人ちの観光まちづくり推進機構(茅野市)は16日、古民家宿泊事業「ヤマウラステイ」を開業した。風情を残しつつ、快適に過ごせたり、くつろげたりできるよう改修した4棟のうち、3棟で受け入れを開始。年内だけで県内外約30組から予約が入って…

全文を読む

伴野教授のスーパー赤果肉リンゴ 品種登録へ

果肉が赤いリンゴを研究する信州大学農学部の伴野潔特任教授(65)=果樹園芸学=が昨春、農林水産省に出願した「スーパー赤果肉リンゴ」2系統の品種登録が来年3月までに決定するめどが立った。伴野教授は「県内の農家に苗木を配り試験栽培を始めた。新品…

全文を読む

海外協力隊の歴史資料紹介 訓練所に常設展示

駒ケ根市の国際協力機構(JICA)駒ケ根青年海外協力隊訓練所に、協力隊の歴史をまとめた常設展示コーナーがお目見えした。JICAが長年保管していた貴重な資料を陳列している。 協力隊は発足から今年で55年、駒ケ根訓練所も開設から41年が経過した…

全文を読む

「万治の石仏」名付け親 30年ぶり下諏訪に

下諏訪町の諏訪大社下社春宮の程近くにあり、町の観光名所として定着した「万治の石仏」の名付け親である矢ヶ崎孫次さん(86)=東京都杉並区=が15日、同町を訪れ、約30年ぶりに見る石仏を前に思い出を語った。 万治の石仏は1970年代まで名前が存…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP