社会

水力発電少雨で苦戦 県企業局南信管理事務所

県企業局南信発電管理事務所(伊那市)の水力発電事業が苦戦している。梅雨が絡む7月は“書き入れ時”になるはずだが、今年は梅雨期間中から雨が少なく、取水源であるダムなどの水が不足しているためだ。農業用水への供給を優先しており、主力の春近発電所(…

全文を読む

県教委SAプロジェクト 清陵高生ら研修発表

県教育委員会のサイエンス・アソシエーション・プロジェクト事業で海外の大学などで研修した高校生の報告会が26日、県庁であった。諏訪清陵高、松本工業高、上田高の生徒が参加。諏訪清陵高校からは3年生の沓掛雄斗さん(17)と牛山雅結さん(17)が米…

全文を読む

九州北部へ恩返し 岡谷湊小学校から義援金

岡谷市の湊小学校は25日、九州北部を襲った豪雨災害の義援金として、1万7423円を市社会福祉協議会に届けた。児童会の役員ら5人が訪れ、「九州で被災した人のために役立ててほしい」と手渡した。 2006年7月の豪雨災害を教訓とし、同校が毎年開く…

全文を読む

諏訪で県庁と会議 副知事がテレワーク体験

県は24日、総務省などが主催する「テレワーク・デイ」に参加し、中島恵理副知事が諏訪市の県諏訪合同庁舎で県庁の部局とテレビ会議システムを利用した打ち合わせを行った。本部から離れた場所(サテライトオフィス)や在宅での勤務の促進を図る全国的な取り…

全文を読む

力合わせ連係プレー ソフト試合で救命処置

伊那市営球場で5月30日夜に行われたソフトボールの試合中、強いライナー性の打球を胸に受けた投手の命を適切な処置で救ったとして、上伊那広域消防本部伊那消防署は23日、上伊那、諏訪地方の男女3人に署長感謝状を贈った。即座に119番通報をするとと…

全文を読む

「山の日」環境保全考える 原村でサミット

原村の八ケ岳自然文化園で22日、信州山の日(23日)に合わせて「第2回山の日サミット」(山の日サミット制作局主催、長野日報社など後援)が開かれた。山にまつわるトークや登山道を清掃しながら歩くツアーの開催、山をテーマにした雑貨やアウトドアグッ…

全文を読む

諏訪湖ワカサギ資源回復は 漁協試験捕り

諏訪湖漁業協同組合は22日朝、ワカサギの試験捕りを今季初めて行った。漁師3人が諏訪湖内の定点6カ所で投網を行い、合わせて4.5キロほどを捕獲した。体長は3センチ台から7.5センチを超える個体までいた。昨夏のワカサギ大量死から1年を迎え、資源…

全文を読む

観光シーズン安全運転を IC付近に指導所

「夏の交通安全やまびこ運動」(22~31日)が始まった22日、諏訪、茅野、岡谷署は交通安全関係機関と合同で諏訪市の諏訪インターチェンジ(IC)付近で交通指導所を開設した。約40人が参加。ICでの3署合同の啓発活動は初めて。信州デスティネーシ…

全文を読む

観光客の安全万全に 諏訪湖などで現地調査

夏の行楽シーズンを迎え、行政や観光関係団体でつくる諏訪地区観光客安全対策推進会議は21日、諏訪地方の湖沼での安全対策を確認する現地調査を諏訪湖、白樺湖、蓼科湖で実施した。13団体から23人が参加し、5グループに分かれて水のレジャーを提供する…

全文を読む

リニア工事土砂運搬へ 県道拡幅

JR東海と県飯田建設事務所は、20日夜開いた中川村の第12回リニア中央新幹線対策協議会で、リニア本線南アルプストンネル長野工区の発生土を運ぶ県道松川インター大鹿線について、半の沢橋の下を埋め立て県道を拡幅する方針を明らかにした。現在掘削が進…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP