社会

コロナ不安抱える観光業 感染者数全国で増加

新型コロナウイルスの新規感染者が急増し、政府が観光需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーンの運用見直しを表明する中で迎えた3連休だが、諏訪地方では引き続き多くの観光客の姿があった。政府の支援策などで諏訪地方も観光、飲食の需要が戻りつつ…

全文を読む

故郷とのつながり感謝 駒ケ根の学生応援便

駒ケ根市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で夏休みの帰省を自粛した地元出身学生に市の特産品などを送った「ふるさと駒ケ根学生応援便」の事業結果をまとめた。県外で生活する対象者の大半とみられる400人が利用。自粛生活を余儀なくされる中、生活支…

全文を読む

区・自治会の37%女性役員を登用 茅野市

茅野市男女共同参画推進会議の専門部会は、市内の区・自治会長に女性役員登用について尋ねた調査結果をまとめた。今年度「女性役員がいる」としたのは全99区・自治会のうちアンケートに回答した90区・自治会の37%(33区・自治会)を占め、過去最高だ…

全文を読む

おかやスポーツツーリズム 動画撮影第2弾

岡谷市は22日、「おかやスポーツツーリズム(オンラインツーリズム)事業」の一環で市の魅力を発信する動画の制作に向け、市内在住のプロゴルファー青山加織さん(35)が市内を巡る様子を撮影した。「サイクルツーリズム」を取り上げた動画に続く第2弾。…

全文を読む

Go Toでにぎわう駒ケ根高原 観光客増加

新型コロナウイルス感染症の影響を受けてきた上伊那地方の観光地に、政府の観光支援策「Go To トラベル」を利用した観光客の入り込みが続いている。飲食店を支援する「Go To イート」も始まり、経済効果への期待が高まる。感染拡大が続く中、観光…

全文を読む

県内インフル罹患者1人 コロナ予防が要因

今季のインフルエンザ罹患者が、例年に比べて極端に少ない状況が続いている。県感染症対策課によると、県内87カ所の定点医療機関から報告があった9月以降の罹患者は今月15日までにわずか1人。新型コロナ ウイルス予防の マスク着用や手洗い、消毒とい…

全文を読む

八ケ岳南麓移住の魅力 オンラインで相談会

富士見町、原村、山梨県北杜市は21日、合同のオンライン移住相談会を富士見町の富士見森のオフィスで行った。3市町村でつくる八ケ岳定住自立圏の事業で、オンライン活用の相談会は初めて。新型コロナウイルスの感染拡大を機に八ケ岳南麓への移住ニーズは急…

全文を読む

白樺湖「湖畔の時間」 イベントきょうまで

茅野市と北佐久郡立科町にまたがる白樺湖で21日、野外イベント「湖畔の時間2020」が開幕した。北欧などのように湖のほとりで思い思いに過ごす生活文化が定着してほしいと、周辺事業者らでつくる白樺湖レイクリゾートプロジェクトチームが企画。事前チケ…

全文を読む

伊那谷フォレストカレッジ開校 森の仕事探る

森林の価値を再発見する官民協働の実践型スクール「INA VALLEY FOREST COLLEGE(伊那谷フォレストカレッジ)」が21日、開校した。初年度となる今年度は新型コロナウイルス感染防止のため、オンラインで開催。「森に関わる100の…

全文を読む

自然の中で遊ぶブッシュクラフト 需要高まる

自分の体と最小限の道具を使い、自然の中にある物を最大限に活用して遊ぶ「ブッシュクラフト」。茅野市内でも教室や体験会が開かれ、親子らが自然に親しみながら火おこしなどを習得している。遊びの中には災害時にも役立つ知恵と技が詰まり、生き抜く力をわが…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP