岡谷駅改修記念イベント 19~27日まち歩き写真展

LINEで送る
Pocket

JR岡谷駅の開業110周年と駅舎リニューアル改修工事を記念して、岡谷商工会議所は19~27日の期間、まち歩き写真展「岡谷駅前の『昔』と『いま』」を、岡谷駅、おかや童画館通り商店街、イルフプラザの3カ所を結んで開催する。このうち初日は、3カ所を巡るスタンプラリーを併催。全スタンプを集めた応募者の中から抽選で、かつて駅弁とともに供されていたという信楽焼のお茶の容器「汽車土瓶(復刻版)」が当たるプレゼントも用意した。

岡谷駅は昨年11月に開業110周年を迎えた。駅舎は諏訪大社御柱祭を控えて外観を「シルク岡谷」のイメージでリニューアルする改修工事を行い、製糸産業遺産を彷彿とさせる赤レンガ風の建物へと一新。これらの節目を記念してイベントを企画した。

写真展では、明治後半から昭和初期頃にかけて市内で撮影された駅前やまちなかの風景など計100枚を、3カ所に分けて展示する。合併による岡谷市誕生に沸く駅前のようすや、平野村役場、市民会館などかつての建物の写真などが並ぶ予定。岡谷駅には、明治~昭和にかけて実際に使われた「汽車土瓶」4点を展示する。

初日のスタンプラリーは午前10時~午後3時受け付け。全3カ所のスタンプを集めると岡谷駅でプレゼント(先着200人)がもらえるほか、復刻版の「汽車土瓶」が当たる抽選会に参加できる。イルフプラザでは、スタンプを1個でも集めると、持参の「おかぽんカード」に50ポイントを進呈するサービスを行う。

このほか童画館通り商店街では、会期を通して、岡谷駅に関するクイズを実施。応募した正解者の中から抽選で110人に商店街で使える商品券1000円分を贈呈する。

関係団体では「岡谷の今昔を切り取った写真を観賞しながら、ゆっくりとまちなか散策やイベントを楽しんで」と呼び掛けている。

問い合わせは岡谷商議所(電話0266・23・2345)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP