昨年度上伊那 自動車税納期内納付7割超

LINEで送る
Pocket

自動車税・納期内納付率の推移

上伊那地方の2016年度の自動車税の納期内納付率は税額ベースで70・9%と3年連続で7割を超え、コンビニエンスストアでの納付割合は過去最高の47・8%に達したことが、県南信県税事務所への取材で分かった。夜間・休日も利用できるコンビニ納付が浸透し、納期内納付率の向上につながっている。今年度の納期限は「5月31日」。同事務所は引き続き協力を呼び掛けている。

手続きは伊那合同庁舎内の事務所窓口や、金融機関、郵便局でも可能だが、08年度に導入されたコンビニ納付の割合は年々増加。それに伴って納期内納付率も上がり、07年度に比べると8・5ポイント上昇している。

同事務所によると、16年度の納期内納付率70・9%は県内10広域圏別で6番目にとどまるが、コンビニ割合の47・8%は最も高かったという。

納期内納付率が上昇すれば督促状の作成・発送経費が縮減する。県によると、全県の納期内納付率が72・3%だった15年度は約900万円の経費がかかったのに対し、72・6%に上昇した16年度は約695万円だったという。

同事務所は、上伊那地方の大型店などに納期内納付を呼び掛ける懸垂幕を設置。22日午後5時からは、県PRキャラクターのアルクマや伊那市のイーナちゃんと一緒に、同市日影のベルシャイン伊那店で啓発活動をする。「自動車税は県の貴重な財源。納期内納付をお願いします」と呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP