御柱曳行路沿いに懸垂幕 中河原区が祭り盛り上げ

LINEで送る
Pocket

中河原交差点近くにお目見えした「祝諏訪大社御柱大祭」の懸垂幕

中河原交差点近くにお目見えした「祝諏訪大社御柱大祭」の懸垂幕

諏訪大社御柱祭に向けて各地で歓迎ムードが高まる中、茅野市宮川の国道20号「中河原交差点」付近に「祝諏訪大社御柱大祭」の文字が目を引く大きな懸垂幕がお目見えした。山出しの見どころの「木落し」と「川越し」のほぼ中間点で、地元中河原区が設置した。普段から交通量が多く、信号待ちのドライバーらの視線を集めている。

場所は曳行(えいこう)路沿いの右側。高さ約10メートルの足場を組んで取り付けてあり、遠くからも目立つ。今回は、200年以上の歴史があるという地元の「姫宮神社」の幕も一緒に飾っている。

同区祭典委員長の浜邦明さんは「今回も、歓迎の気持ちを込めて飾りつけた。地元区として盛り上げに協力したい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP