高校野球長野大会開会式 桐山さん選手先導役

LINEで送る
Pocket

全国高校野球選手権長野大会開会式の入場行進で、選手の先導役を務める桐山さん

8日に松本市野球場で行われる第99回全国高校野球選手権長野大会開会式の入場行進で、選手の先導役を、伊那北高校2年の桐山尚子さん(16)=駒ケ根市=が務める。2018年全国高校総合文化祭(信州総文祭)の生徒実行委員長は「笑顔を心掛け、知名度が低い総文祭を、県内の人に知ってもらえるようにしたい」と意気込んでいる。

信州総文祭は、来年8月に長野県で開かれる。全国から優れた文化活動を行う高校生が集結し、成果を披露する”文化系の甲子園大会”。運営を担う桐山さんは、「高校生の情熱やひたむきさを伝えられる大会にしたい」。1年のころから実行委に携わり、県内の高校生たちと一緒に、着々と準備を進めている。

当日は開幕試合で始球式も務める予定だ。依頼が舞い込んだのは6月。「『私でいいの』という戸惑いと、『一生に一度のチャンスかも』というワクワク感を覚えた」と振り返る。所属する吹奏楽部の練習に励む一方で、キャッチボールなどして本番に備えてきた桐山さん。「総文祭も野球も高校生の懸命さを伝える点では一緒。選手には悔いの残らないプレーをして、みんなに感動を届けてほしい」―。得意のホルンを硬式球に持ち代え、「ストライク」コールの”ファンファーレ”で選手を励ましたいと、心躍らせている。

おすすめ情報

PAGE TOP