小津映画を奏でる 27日蓼科でコンサート

LINEで送る
Pocket

ポスターを手に来場を呼び掛ける映画祭関係者

茅野市郊外の蓼科高原を晩年の仕事場にした小津安二郎監督(1903~63年)の映画音楽に焦点を当てたコンサート「小津映画を奏でる」が27日午後2時から、茅野市北山にあるダイキン工業のセミナーハウス「ダイキンオードシエル蓼科」で開かれる。同市で9月に開く第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭のプレイベント。小津映画の音楽を手掛けた作曲家、斎藤高順(1924~2004年)の作品を斎藤民夫&サイトウ・メモリアルアンサンブルが演奏する。

高順は東京・深川出身の作曲家。東京音楽学校(現東京芸術大)を卒業後、ラジオや映画音楽で活躍した。小津映画は「東京物語」(53年)から「秋刀魚の味」(62年)までの作品を手掛け、「サセレシア」や「小津調ポルカ」などの作品を残した。

民夫さんは高順の次男で、2015年に兄妹らと同アンサンブルを結成。一般社団法人サイト&アート・デジタルアーカイブス代表として、高順が残した作品の記録保存や公演活動に取り組んでいる。

コンサートは、昨年の映画祭に民夫さんが来場し、実行委員会のメンバーと出会ったことで実現した。高順の長女内藤景子さん(バイオリン)、夫の貴司さん(ホルン)、小島遼子さん(チェロ)、増井裕子さん(アコーディオン)、増井咲さん(ピアノ)が出演。小津映画に使われた曲を演奏しながら、小津監督と高順の出会いや2人の音楽性について、民夫さんが映像を交えて解説する。

高順が作曲した小津映画の音楽は、明るく軽快なものが多い。「サセレシア」は、小津監督が好んだ「サ・セ・パリ」と「バレンシア」にちなんだ名曲で、「東京暮色」など複数の映画に採用された。コンサートは小津ファンのみならず楽しめるという。

会場は茅野市北山4035の2。定員は100人で全席自由。参加料は1000円。申し込み、問い合わせは、蓼科観光協会(電話0266・67・2222)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP