形よし香りよし 諏訪湖でワカサギ投網漁

LINEで送る
Pocket

諏訪湖漁業協同組合の市場に初出荷されたワカサギ

諏訪湖で4日朝、今季のワカサギ投網漁が始まり、春にふ化した1年目の「小公」を中心に約160キロが諏訪市渋崎の諏訪湖漁業協同組合の市場に初出荷された。昨年7月のワカサギ大量死で昨季は年末の3日間を除き、投網漁を取りやめていたため、解禁はほぼ2年ぶり。武居薫組合長(66)によると「例年よりも大きめ」。今夏も湖底の貧酸素状態の影響が懸念されていただけに、漁師らの顔も明るかった。

「形のいいワカサギだね。香りもいい。本当に心地良い疲労感」。初出荷を終えた漁師で同漁協専務の藤森重利さん(60)は安堵の表情を浮かべた。解禁初日、ほぼ2年ぶりの投網漁に臨んだのは16人ほどという。魚の体長は7~8センチ。1人で40キロを捕った漁師もいた。

今春の放流量は約4億5000万粒(暫定値)で、国内の4湖沼から無償提供を受けたり、購入したりした。成長が良かった原因について武居組合長は「えさとなる動物プランクトンの出る時期や量が適していたため稚魚の生き残りが多く、その後もえさの条件が良かった」とした。昨夏の大量死はワカサギ以外の魚にも及んでおり、プランクトンなどを捕食する競争相手も少なかったことも一因。一方で今後は魚食性鳥類や外来魚の食害がワカサギに集中する懸念もある。同組合長は「春の採卵期に向けていかにワカサギを守るかが課題」と気を引き締めた。

資源量はお舟祭り前、盆前の計3回の試し捕りやそのほかの試験捕りの結果から、13、15年と同程度と見込まれている。今後も当面は月、木、土の週3回、早朝3時間に制限していく方針。

ワカサギを受け取った川魚店経営の平出良作さん(79)は「待ちに待った諏訪湖産。サイズ的にも良いし、このまま順調に推移すれば、地元の川魚店も喜ぶんじゃないか」と話していた。甘露煮や空揚げに調理されて店頭に並んだ。

おすすめ情報

PAGE TOP