諏訪美術展きょう10日開幕 茅野

LINEで送る
Pocket

第70回記念諏訪美術展(諏訪美術会主催、長野日報社など後援)は10日、茅野市美術館で開幕する。昨年より33点多い4部門171(会員119、一般52)点を展示するほか、70回記念企画としてジュニア展や児童生徒絵画作品展なども同時開催する。会期は17日まで。

今年は日本画30点、洋画95点、彫刻15点、工芸31点の応募があった。審査会は8日に行い、各部門の役員が入賞32点を選考した。小林理一会長は「全体的に70回にふさわしい良い作品が多く、特に洋画は内容が充実し、工芸は新しい人の意欲作が目立った」と話していた。

同時開催の高校生対象のジュニア展は55点、物故会員作品展には18点、小中学生の作品を集めた児童生徒絵画作品点は76点を展示する。同館イベントスペースでは会員の色紙や小品の頒布会も開く。

開場時間は午前9時~午後6時(最終日は同3時まで)。入場料300円(70歳以上と学生以下は無料)。

おすすめ情報

PAGE TOP