技術者目指し第一歩 エプソン専門学校入学式

LINEで送る
Pocket

一人ひとり名前を呼ばれ起立する新入生ら

諏訪市のエプソン情報科学専門学校(川名政幸理事長)の第30回入学式が7日、同市のホテル紅やで行われた。情報システム、情報電子機械、情報ビジネスの3学科に70人が入学。技術者を目指しての第一歩を踏み出した。

式典では上島清文学校長が「入学許可」を宣言。川名理事長は「失敗を恐れず、一瞬一瞬を精いっぱい努力し、後悔のない充実した学生生活を」と式辞を述べた。

また、上島学校長は源氏物語の一節を引用し「学問こそが時勢の移り変わりにも耐え、処世の知恵の根幹となり、将来ある人間をつくる」と指摘。「しっかりと自らの目的意識を確認し、新たな学びの世界への扉を力強く開かんことを願います」と訓示した。

新入生代表の菅沼夕香さん(岡谷南高校出身)は「本校の一員としての誇りと自覚を持ち、時には一人で、時には仲間と支えあい、励ましあいながら成長し、技術と知識を身に着けたい」と希望を胸に抱負の述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP