県知事選 新人金井氏が出馬表明

LINEで送る
Pocket

知事選への出馬を表明する金井氏=長野市内のホテル

任期満了に伴う7月19日告示、8月5日投開票の知事選で、労働組合や市民団体でつくる「明るい県政をつくる県民の会」は15日、元上田市議の金井忠一氏(67)=上田市=の擁立を発表、金井氏は長野市内のホテルで会見し、無所属での出馬を表明した。知事選への出馬表明は現職の阿部守一氏(57)に続いて2人目。

金井氏は1950年、上田市生まれ。上田東高校卒。同市役所に25年間勤務した後、1995年から5期19年にわたって同市議を務めた。市農業委員、県後期高齢者医療広域連合議会議員などを歴任。共産党籍を持つ。2014年と今年3月の上田市長選に出馬し、落選した。現在は県生活と健康を守る連合会長、東信医療生活協同組合顧問。同市国分在住。

金井氏は、「県政の三つの転換を訴えたい」とし、▽大型公共事業優先の県政から県民の命と暮らし優先の県政▽暴走が続く国政に対して県民の暮らし・安全を守るためにノーと言える県政▽県民不在の翼賛体制から県民の声が届く県政―を目指すとした。

リニア中央新幹線工事については、南信の住民が期待する気持ちは「無視できない」「一面的になんでも反対という立場は取らない」とする一方、「残土置き場、工事車両の大量流入などの問題に対して住民の 理解が得られないまま工事が進められていることが問題。いったん工事を中止して検証すべき」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP