諏訪湖マラソン 21日から地元先行受け付け

LINEで送る
Pocket

10月28日に諏訪市のヨットハーバーを発着点に行う第30回諏訪湖マラソン大会(諏訪圏健康推進協議会主催)の地元先行枠、直接持ち込み枠の受け付けが21日午前9時から始まる。持ち込み枠は同日のみ。いずれも先着1000人。参加料は5000円。ふるさと納税の返礼品として提供する出場権の申し込みも先着50人で同日から受け付ける。

30回を記念し、大会を支える地元への感謝の気持ちを込めて先行枠を設定。マラソン大会エントリーサイト「RUNNET(ランネット)」では県内在住者を対象に25日まで受け付ける。

直接持ち込みは長野日報社の本社、支社、総局と諏訪地方6市町村で配布している申込用紙に必要事項を記入し、参加料を添えて本社(諏訪市高島)、諏訪湖総局(岡谷市田中町)、茅野総局(茅野市本町西)、伊那支社(伊那市西春近)に提出する。ふるさと納税枠は諏訪市に2万円以上寄付した人が対象。

今回から郵便振替による申し込みは行わない。一般枠の受け付けは6月4日午前0時から「RUNNET」で。先着5950人。例年、短期間で定員に達している。

問い合わせは同大会実行委事務局(電話0266・52・8665)、ふるさと納税枠については諏訪市地域戦略・男女共同参画課(電話0266・52・4141)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP