日帰りで八ケ岳登山 泉野小5、6年生が挑戦

LINEで送る
Pocket

根石岳山頂から眼下に見える校舎に向かって手を振る泉野小の児童ら

茅野市泉野小学校5、6年生(26人)は29日、初の日帰り「八ケ岳登山」を行った。保護者、職員、地域住民ら53人が参加し、標高2603メートルの根石岳に登った。長年、自然体験教室(八ケ岳)として1泊2日で隔年で続けている活動を1日コースに見直して初めての開催。児童は自然の美しさや厳しさを肌で感じ、友達らに励まされながら全員無事に登頂した。

往路は桜平登山口、夏沢鉱泉、オーレン小屋、夏沢峠、箕冠山、根石山荘。足場の悪い山道も多かったが、児童らは慎重に一歩ずつ前進した。根石岳山頂付近は強風でガスもかかったが、登頂と同時に視界が開け、西・東天狗岳、硫黄岳、阿弥陀岳、中岳、赤岳の絶景も。佐久市側と茅野市側の眺望も良く、同校の校舎も見えた。職員が望遠鏡で根石を見ていることを無線で知った児童は学校に向かって大きく手を振っていた。

6年生の立木燕さんは「疲れたけどきれいな花も見られ楽しい。また登りたい」と感想。笠原眞弘校長は「住民の思い入れも深い八ケ岳登山。皆さんの助言を得てより良いかたちで続けたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP