自然と多彩なイベント 与田切公園フェス

LINEで送る
Pocket

オフロードバイクの運転に挑戦する児童ら

飯島町飯島の与田切公園で18日、公園や自然に親しむイベント「フェスティバルin与田切2018」が開かれた。魚つかみや木工教室、軽トラ市などさまざまな催しが繰り広げられ、多くの家族連れが訪れて夏休み最後の週末を楽しんだ。

町観光協会が主催する恒例のイベント。町建設業協会や町消防団、町商工会青年部など多くの団体が協力し、多様な体験イベントや飲食コーナーを用意。与田切川を管理する国土交通省天竜川上流河川事務所は、3次元(3D)画像による土石流の疑似体験や立体模型などで、砂防事業をPRした。

小学生以下を対象にした「ちびっこオフロードバイク体験」は、毎年多くの子どもたちが集まる人気コーナー。50ccエンジンを積んだ子ども向けオフロードバイクを運転し、砂防林内の芝生コースでの走行に挑戦した。

ヘルメットにプロテクターを身に着け、バイクにまたがった子どもたちは緊張気味。それでもスタッフから丁寧に運転方法を教わり少しずつ動かせるようになると、夢中になってバイクの操作を楽しんでいた。

おすすめ情報

PAGE TOP