地元小学生が発掘体験 伊那市の老松場古墳群

LINEで送る
Pocket

老松場古墳群の1号墳で発掘調査を体験する子どもたち

伊那市教育委員会は18日、関西大学文学部考古学研究室(米田文孝教授)と一緒に調査を進めている同市東春近の「老松場古墳群」で発掘体験教室を行った。地元の小学3~6年生21人が参加。南信地方で最古の前方後円墳である可能性が高いとされる1号墳の発掘を手伝い、古墳全体に敷き詰められていたとみられる葺石などを探した。

古墳群は1号墳をはじめ、円墳6基の計7基で構成されている。同研究室などは昨年から3カ年計画で調査に取り組み、今月初旬から第2次調査を開始。1号墳の4カ所にトレンチを掘り、正確な規模と形を調べる発掘調査を行っている。米田教授によると、今回の調査で「古墳ののり面に川原石で葺石がされ、盛り土だけでない、きちんとした造営方法が取られていた」ことが明らかになったという。

参加者は、同研究室の学生らから「古墳の元の形を壊さないように、石や土器が出てきたらそのまま残して」などと発掘方法を教わった。グループに分かれてトレンチの周りに集まり、移植ゴテで少しずつ土を削った。「土は何層にも重なり、掘っていくと色や感触が変わってくる」と学生のアドバイスを受け、参加者は土を観察し、時代を特定する出土品がないか探した。

伊那小学校4年の保科克樹君は「土の色が茶色から黄土色に変わってきた。まんべんなく掘っていくと何か出てくるかもしれない。埴輪を見つけたい」と夢中だった。

市教委の濵慎一さんは「長野県の古墳時代研究にとって大発見となる重要な遺跡。自分たちの手で発掘し、一緒に大発見を探してほしい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP