箕輪町・木下区・箕輪進修高 連携協定

LINEで送る
Pocket

連携協定を結んだ(左から)箕輪進修高の北島校長、箕輪町の白鳥町長、木下区の青木区長

箕輪町と同町木下区、箕輪進修高校は13日、教育や防災、地域づくりなどで相互に連携する協定を町役場で結んだ。これまで協働で行ってきたインターンシップの受け入れや授業への協力、教育施設利用の優遇などをより充実するとともに、新たな取り組みも3者協議によって実現していく。白鳥政徳町長は「高校生の思いや要望など、これまでわからなかったことが把握できるきっかけになれば」と期待を込めている。

同町によると、地元高校と行政、区が連携協定を結ぶのは、「県内でもきわめて珍しい」という。

町は「若者が活躍し輝くことができるまちづくり」を重点施策に各種の事業を展開。高校生が「安心して学び、高校生の視点を地域づくりに生かす」も含まれており、協定の締結はこの一環になる。

これまでも、同校と同校が所在する木下区、町は教育環境の充実や防災、地域づくりなどの面で連携してきたが、協定により、さらに結び付きを強めていく。

現在行われている連携の取り組みには、通学路の街路灯改善に生徒の意見を取り入れるほか、校門前で行うあいさつ運動に町職員が参加。地元企業によるインターンシップの受け入れ、課題ゼミへの協力、町文化センターなど教育施設の利用料減免、同校振興協力会によるキャリア教育や部活動に対する助成、木下区の2次避難所として同校施設を提供―などがある。今後は国体を見据えた同校フェンシング部強化の支援や、通学路に住民が設置したごみ箱を生徒が管理する―などの取り組みを検討している。

調印式には白鳥町長、北島匡晃校長、青木俊夫区長が出席。それぞれに署名・捺印し協定書を取り交わした。

白鳥町長は「小中学生に比べ高校生との接点が少ない中で、協定の締結は喜ばしい。今後も区と協力しでき得る限りの教育環境を整えたい」と抱負。青木区長は「木下駅前美化活動など高校生へのイメージは向上している」、北島校長は「生徒の目線で地域活性化に参画できれば」とそれぞれに期待を述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP