県縦断駅伝 上伊那5年連続V 2日間圧勝

LINEで送る
Pocket

上伊那は14区澁谷宥介(右、日本紙パルプ商事)から15区鈴木昌幸(鈴幸治療院)にたすきをつなぐ=塩尻中継所

第67回県縦断駅伝競走の最終日は18日、郡市の代表15チームが参加して松本市―飯田市の10区間98・5キロで競い、初日トップの上伊那が首位を守り、2日間の通算タイム11時間41分22秒で5年連続38度目の優勝を果たした。

初日で2位に3分31秒差をつけた上伊那は、最終日も首位を奪って圧勝した。14区で区間優勝してリードを広げ、20~22区で連続区間1位を奪って後続を突き放した。

5年ぶりの優勝を狙った全諏訪が7分7秒差の2位。長野市がさらに7分17秒差の3位となった。

おすすめ情報

PAGE TOP