「美しい村づくり」加速 原村が推進委設置へ

LINEで送る
Pocket

原村の五味武雄村長は2日の村議会6月定例会一般質問で、美しい村の保全、推進を図る新たな組織として「原村美しい村づくり推進委員会」を設置する考えを示した。昨年、村が「日本で最も美しい村」連合に正式加盟したことを受けて設置するもの。村内各種団体の代表者や一般公募者らで構成し、21日に初会合を開く。今年度は美しい村のPRを中心に活動し、来年度以降、美しい村づくりを加速させていく考え。永井和人氏の質問に答えた。

委員会は、村の景観、環境、文化などの地域資源の保全や活用を図り、住民自らの意志と責任による美しい村づくりを推進することを目的に設置。委員は16人。農業、商工業、観光など村内各種団体の代表者、公募委員(4人)で構成。組織内には部会を設け、部会ごとの活動も実施する計画。

初会議では、会の方向性や部会設置、今後の活動指針などを確認。今年度は看板やロゴマークの制作、設置など、主に美しい村のPRについて検討する方針。来年度以降は村や各種団体との連携も図りつつ、美しい村推進に向けた資源の有効活用などの具体策の検討を行う。

一方、村は今年度、県の地域発元気づくり支援金(209万3000円)を受け、「美しい村づくり事業」を展開。▽新たな村の再発見▽ブランド名を活用したPR▽景観整備―を基本に、同委員会とも連携しつつ、地域資源の保全や活用、PRなどの具体的施策に取り組む予定だ。

おすすめ情報

PAGE TOP