J1松本山雅開幕戦 ジュビロ磐田とドロー

LINEで送る
Pocket

【ジュビロ磐田―松本山雅FC】前半8分に先制のFKを決め、仲間から祝福される松本山雅のMF岩上祐三選手(左から2人目)=静岡・ヤマハスタジアム

サッカー明治安田J1リーグ第1節のジュビロ磐田―松本山雅FCは23日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムで行われ、1―1の引き分けに終わった。松本山雅は前半の早い時間に先制しながらリードを守り切れず、4年ぶりのJ1開幕戦を白星で飾れなかったが、敵地で貴重な勝ち点1を手にした。

松本山雅は前半8分、ペナルティーエリア手前の右でFW永井龍選手が倒され、FKを獲得。これをMF岩上祐三選手が決めて幸先よく先制した。1│0で折り返した後半も攻め込む時間はあったが追加点が奪えず、26分に磐田の元日本代表FW川又堅碁選手に決められて同点に。反町康治監督は「残念とも言えるし、よくやったとも言えるゲームだった」と総括した。

来場者は1万4469人。松本側には約1400人のサポーターが詰めかけ、大声援で選手を後押しした。

松本山雅は3月2日の第2節大分トリニータ戦も敵地で戦い、松本市のサンプロアルウィンに浦和レッズを迎える同9日の第3節がリーグ戦のホーム開幕戦となる。この前にルヴァン杯グループステージ第1節清水エスパルス戦が同6日にサンプロアルウィンで行われる。

おすすめ情報

PAGE TOP