最短時間で「令和」Tシャツ 伊那の問屋街

LINEで送る
Pocket

「令和」の文字が入ったTシャツの完成を喜ぶ問屋街スタッフら

新元号が発表された1日、衣料品販売の問屋街(本社・伊那市)は、菅義偉官房長官が掲げた「令和」の文字をプリントしたTシャツの最短時間での制作にチャレンジ。発表後わずか20分後に完成させると、「きれいな仕上がり。Tシャツなら日本で一番早いんじゃないか」と喜んだ。

先端機材をそろえた自社工場の強みを生かし、制作の早さが話題になればと企画。南箕輪村の工場で作業した。発表予定の午前11時30分、パソコンに向かったデザイン担当者は固唾をのんで見守った。ずれ込むこと約10分。「令和か」とつぶやくと、元号が映ったテレビ画面の静止画をパソコンに取り込み、文字を微調整。専用機材で文字を焼き付けたシルクスクリーンが出来上がると、次はプリント担当者の出番。綿100%製のTシャツに専用インクを「心を込めて」塗り重ね、乾燥機などで素早く乾かした。正午すぎに完成させた。

デザイン担当で同社ゼネラルマネジャーの竹内達也さん(33)は「時間との闘いでプレッシャーは大きかったが、きれいに仕上がった。平和でのんびり過ごせる時代になれば」と期待した。

デザインは黒地に白文字、白地に黒文字の2種類を用意。インターネット上で販売する。税込み価格1980円(送料別)。問い合わせは同社(電話0265・74・2250)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP