2019年4月30日付

LINEで送る
Pocket

平成の時代が間もなく幕を閉じる。新聞のテレビ欄に目を向けると、この30年を振り返ったり、新たな時代の到来を記念した特別番組が目白押し。時代の節目にいることを改めて実感させられる▼バブル崩壊や無差別テロ、大規模災害などを経験した平成を「激動の時代」と表現するメディアもある。戦争のない社会を享受しながらも平穏とは言い難く、予期せぬ困難や課題に直面した記憶を深く心に刻む国民も多いだろう▼私事で恐縮だが、自分史を通じて平成を振り返ると、いささかセンチメンタルな気持ちになる。バブル崩壊後の就職氷河期に社会人となり、長期にわたる不況の中、人並みに家庭を築くこともできた。気苦労も多かったが、その分この時代に愛着を感じている▼インターネット上では「平成ジャンプ」なる単語が使用されている。男性アイドルグループ名とは無関係。昭和生まれが未婚のまま平成を飛び越えることを指している。平成のうちの”着地”にこだわる駆け込み婚も増加しているとか。やっつけ仕事の印象はあるが、理由はどうあれ祝福したい▼大型連休の真っただ中で迎える平成最後の日。過ぎ去る時代に後ろ髪を引かれる思いの人もいるだろう。平成にやり残したことを成し遂げるのに残された時間はあまりに短過ぎるかもしれないが、新たな時代をすがすがしい気持ちで迎えられるよう、有意義な一日を過ごしたい。

おすすめ情報

PAGE TOP