こどもの日に併せ無料イベント 井戸尻考古館

LINEで送る
Pocket

若い世代にも人気だったぼろ機織り体験

富士見町の井戸尻考古館は5日、歴史民俗資料館や井戸尻史跡公園で縄文・ぼろ機織り無料体験イベントを行った。「こどもの日」に併せた恒例行事。両館とも無料開放され、家族連れらでにぎわった。

同資料館で行われたぼろ機織り体験は、同館で活動する機織り愛好グループ「紅蓮・織りの会」(遠峰かよ子代表、7人)が3台の高機を使って指導。参加者は、用意された布を裂いた緯糸の中から好きな色を選んで機の縁に腰掛け、ペダルの踏み方や、糸をくぐらせる方法などを教わった。ほぼ自力で長さ約15センチのオリジナル模様の布を完成させた。

叔父と来館した高等専門学校2年の蔦田充さん(16)=東京都=は「初めてだが、こつをつかんだら簡単。記念にも残る楽しい経験ができた」と喜んでいた。

公園での縄文体験では、ろう石を鉄平石でこつこつ削って完成させる飾り玉作りや、丸木弓で的当て、火起こし、粟がゆの振る舞いなどが人気だった。

おすすめ情報

PAGE TOP