長く使い込める本革製の新商品 イルフ童画館

LINEで送る
Pocket

販売を始めた武井武雄オリジナルグッズの本皮製品

岡谷市中央町のイルフ童画館のミュージアムショップに、武井武雄オリジナルグッズの新商品として、本革製品がお目見えした。ファスナーなどに取り付ける引き手、キーホルダー、名刺入れの3種。いずれも印刷や刻印で武井のデザインが施され、高級感ある素材で武井の魅力を表現している。

新商品は、絵本作家池田あきこさんの人気キャラクター「猫のダヤン」のグッズの製作・販売などを手掛ける企業「わちふぃーるど」との共同開発。同館で企画展を開いた池田さんとの縁で、元は革工房だったという同社での製作につながった。

引き手は、開け閉めしやすいようバッグや洋服のファスナーに付けるほか、キーホルダーとしても使える。「キンダーブック」にカットとして描かれた猫、犬、馬、ウサギ、牛と、版画「鳥の連作No.19」に登場する鳥をそれぞれプリントした6種類で、縦5センチ、横2・5センチの大きさ。

キーホルダーは、直径5・5センチの革に「ラムラム王」が印刷されている。大きなキーリングの先に、三つの小さなキーリングが付いている。

名刺入れは、表面に「ラムラム王」を刻印。メインのほか3カ所のポケットがあり、使い勝手も考慮されている。大きさは縦7センチ、横11・5センチ。

同館では「引き手、キーホルダーはかわいらしいので子どもにも喜ばれそう。本革の名刺入れはビジネスマンにもお薦めで、使うほどに手になじむので長く使い込んでほしい」と話している。

価格は、引き手が各600円、キーホルダーが1650円、名刺入れが4200円(いずれも税込み)。問い合わせはイルフ童画館(電話0266・24・3319)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP