秋を愛犬と満喫 富士見でドッグフェスタ

LINEで送る
Pocket

プライベートジェット機で訪日し「アウトドアドッグフェスタ」を訪れ、諏訪地方観光連盟職員から歓迎される香港からの愛犬家ら=富士見高原リゾート

愛犬と一緒に標高1250メートルの高原でさまざまなイベントを体験、体感できる第5回アウトドアドッグフェスタin八ケ岳が22日まで2日間、富士見町の富士見高原リゾートで開かれた。最終日は諏訪地方観光連盟が、香港からプライベートジェット機で訪日した「愛犬連れインバウンドツアー」の一行を同所で歓迎した。

インバウンドツアーはフェスタを主催する東京のイベント企画会社と富士見高原リゾートなどが、香港の旅行会社と協力して計画。これまでもフェスタには外国人が訪れているが、比較的生活に余裕のある愛犬家を対象にツアーを企画、初めて実施した。

一行は18日に搭乗者と愛犬が客室に一緒に乗ることができるプライベートジェット機で訪日。同フェスタを主目的に24日まで日本に滞在予定という。

22日のフェスタには15人の愛犬家と犬10頭がバスで訪問。諏訪地方観連は「諏訪地方に好印象を持ってもらい、通年を通してリピーターになってもらったり、友人らにも諏訪地方の良さを広げてもらえれば」と職員3人が出迎え、「熱烈歓迎」の横断幕を掲げた。

五味健太郎次長は、フェスタには「ワンちゃんと一緒に遊べる場所がたくさんある」と案内した上で「諏訪地方には山や湖があるので、ぜひまたお越しください」と呼び掛けた。観連は中国語で諏訪地方を紹介するパンフレットと茅野市の国宝土偶の形をしたお菓子を贈った。

一行はショッピングを楽しみ、愛犬を抱いて百日草やサルビアの花と一緒に写真撮影した。香港で日本を紹介するテレビ番組を持ち、同ツアーをプロデュースした日本人タレント・りえさんが同行。りえさんは八ケ岳山麓はペットを受け入れてくれる施設も多いといい、「機会があれば、またツアーで諏訪地方を訪れたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP