きらめくワインボトル リゾナーレ八ケ岳

LINEで送る
Pocket

1万2000本のワインボトルがきらめくクリスマスイルミネーション

山梨県北杜市小淵沢町のホテル「星野リゾート リゾナーレ八ケ岳」で1日、ワインボトルで作ったツリーのクリスマスイルミネーションが始まった。約150メートルにわたるメインストリート「ピーマン通り」に1万2000本のボトルが並び、ぬくもりある明かりをともしている。初日は点灯式を行い、きらめく光に大勢の来場客が目を輝かせた。3月上旬まで。

リユースやリサイクルが難しいワインボトルを廃棄せずに活用しようと初めて企画。1万2000本は山梨、長野両県のワイナリー計6カ所や敷地内のレストランなどから、約半年かけて集めた。点灯式ではサンタクロースが登場し、1万2000本目のボトルを飾るとツリーが次々とライトアップ。観客は「すごい」と歓声を上げ、写真を撮ったり、近づいたりしてクリスマス気分を満喫していた。

家族と一緒に訪れた小学5年生の小笠原楓さん(11)=山梨県=は「すごくきれい。クリスマス当日が楽しみ」。母親の純子さん(46)は「地元のワインがたくさんあった」と笑顔だった。

観覧無料。ライトアップは日没から午後10時まで。25日までイルミネーションと共にクリスマスマルシェも楽しめる。

おすすめ情報

PAGE TOP