諏訪実高服飾科デザインコンク 審査結果

LINEで送る
Pocket

最優秀賞の小林裕佳さんの作品

諏訪実業高校(諏訪市)の服飾科は、「第33回ファッションデザインコンクール」の審査結果を発表した。最優秀賞は「cool(クール)」をテーマにした3年の小林裕佳さんの作品が選ばれた。1年生を対象にした新人賞は「和」をテーマにした吉澤さおりさんが受賞した。

毎年服作りの基本となるデザインの技術向上を目的に開いている校内行事。今年度のテーマは、生徒から募集した中から「リアル」「cool」「和」に決めた。服飾科全学年の94人がテーマを一つ選び、11月上旬から下旬にかけてパステルや絵の具などで描いてきた。

審査は、3日に生徒がテーマごとに投票。服飾科教諭6人が筆のタッチや色使い、テーマに沿っているかなどを基準にし、入賞作品を決めた。小林さんの作品は氷を表現したアクセサリーやスカートに魚を描いており、教諭の講評は「氷や魚、鳥などを服のデザインにするという斬新な発想。見て楽しく仕上がっている」。新人賞の吉澤さんは和服に毛皮など洋風の素材を合わせ「和というテーマの解釈に深みがあり、表現技術が高い」と評価された。

入賞者は次の皆さん。

▽最優秀賞=小林裕佳(3年)

▽新人賞=吉澤さおり(1年)

◇「和」
 ▽銀賞=宮澤ゆめみ(3年)
 ▽銅賞=小野莉(3年)
     赤羽満里菜(1年)
◇「cool」
 ▽金賞=松本アマンダ(2年)
 ▽銀賞=夏川さゆり(3年)
 ▽銅賞=河口いさ(3年)
     高橋心愛(同)
◇「リアル」
 ▽金賞=平林麗(2年)
 ▽銀賞=濱野はな(2年)
 ▽銅賞=笹川珠葵(2年)
     菊池早絢(1年)

おすすめ情報

PAGE TOP