長ぐつ先生のお宝カメラ1000台展示

LINEで送る
Pocket

ずらりと並んだ建石さん収集のカメラ

ずらりと並んだ建石さん収集のカメラ

伊那市西町の花と器・古道具の店「草の音」で、伊那谷写友クラブ会長の建石繁明さん(81)=同市西町=のコレクション展が開かれている。2万台に迫るといわれる建石さん収集のカメラのうちの約1000台を展示。名機と呼ばれたカメラや数十年前のフィルムカメラが並び、来場者が懐かしそうに眺めている。24日まで。

長野日報で「長ぐつ先生のフィールドノート」を連載している建石さんは、カメラの収集家として有名。修理もでき、これまでに1万台以上を使えるように直したという。コレクション展には「ごみか、お宝か」とサブタイトルが付けられてはいるが、貴重なカメラも多く、古い物では120~130年前のドイツ製カメラも。販売品もあり、愛好者がじっくりと品定めしている。

正午~午後7時。会期中無休。問い合わせは同店(電話0265・76・2411)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP