上伊那の四季写真に 観光連盟巡回展

LINEで送る
Pocket

上伊那各地を代表する風景が並ぶ写真展

上伊那各地を代表する風景が並ぶ写真展

上伊那観光連盟主催の写真展「信州伊那谷七色の装い」が21日から、駒ケ根市役所市民ホールで始まった。観光キャンペーンの一環として19日までの8日間、名古屋市で展示されていたもので、上伊那を象徴する四季折々の風景が並ぶ。写真展は12月まで上伊那各地を巡回。駒ケ根での展示は8月2日まで。

名古屋市や首都圏の住民に上伊那の風景を紹介し、誘客につなげようと毎年実施している写真展。フォトコンテストの入賞作品などを各市町村が提供し、展示している。

会場には高遠城址公園の桜や辰野町松尾峡のゲンジボタルの乱舞、中央アルプス千畳敷カールでのブライダル写真など各市町村を代表する風景が並ぶ。同連盟では「四季の風景を通じて上伊那の魅力を再発見してもらえたら」と呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP