手に香る信州高遠の桜 アロマバーム販売

LINEで送る
Pocket

桜の香りのアロマバーム「桜雫香」

伊那市は25日、同市高遠町の桜の香りのアロマバーム「桜雫香」を30日から販売すると発表した。桜の名所として知られる信州高遠にふさわしい新商品を開発しようと、市商工会女性部が協力。昨年春に試験販売し、好評だったことから本格販売を始める。

特産振興を目的に一般社団法人長野県農協地域開発機構に商品開発を委託。高遠町下山田に植わるオオシマザクラの葉から桜特有の香り成分を抽出し、無色無臭の天然素材のホホバオイル(種子油)と蜜ろうを使って封入。女性部は桜の葉を収穫したり、パッケージのデザインを作成したりして協力した。

柳澤智美部長(56)=高遠町西高遠=は「天然由来成分にこだわり、ハンドクリームやリップクリーム、全身保湿など幅広く使っていただける」と説明。手などに塗ると、ほのかに桜の香りが漂い、「香水のようにも使える」とPRした。

15グラム入り丸缶で、1個1000円(税別)。今年度分限定280個。容器のラベルデザインは全6種類ある。

高遠城址公園さくら祭りに合わせて販売する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止でさくら祭りが中止になったため、市商工会会員店や窓口で販売する。次年度以降は「桜茶接待」に合わせて販売する予定。

問い合わせは市商工会(電話0265・94・2309)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP