2020年4月21日付

LINEで送る
Pocket

健康食材としても注目され、近年需要が高まっているというサバの缶詰。一時期、スーパーの店頭から姿を消すほどのブームとなった。そのまま食べて良し、組み合わせても良しの優等生。遅ればせながらその魅力にはまっている▼外食を控えようというご時世。インターネット上で手軽にできるレシピを探したのがきっかけだ。単身赴任の身、貧弱なキッチンでもおいしく仕上げるのがポイント。缶詰の汁まで活用したカレーやパスタ、オリーブ油で煮たアヒージョなど納得いくレベルのレパートリーが増えた▼実家に戻る際は、その成果を家族に披露するのも楽しみ。外食の減少と比例して、家で調理する機会が増えた。外出の自粛に息苦しさを感じないわけではないが、自分で作る「おうちごはん」の魅力を再認識している▼新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、消費者が家の中で消費を楽しむ「巣ごもり消費」傾向にあるとの指摘を経済専門誌で目にする。かつてない状況の中、消費者の価値観も変革の時期を迎えているという。市場や経済全体への影響までは想像できないが、わが家の食卓レベルではうなずける分析だ▼悲観的なニュースがあふれる昨今。気の緩みは禁物だが、これまでの当たり前を捨て去り、自分自身の生活を見直すには良い機会とも考える。今まで目を向けなかったことから、新たな価値や幸福を見いだせるかもしれない。

おすすめ情報

PAGE TOP