塚間川沿いピンクの帯 八重桜が満開

LINEで送る
Pocket

満開を迎えた塚間川沿いの八重桜並木

岡谷市の市庁舎から県道岡谷下諏訪線(通称・田中線)を経て諏訪湖まで続く塚間川沿いの沿線で、八重桜が満開を迎えている。鈴なりに花を咲かせた八重桜の並木がピンク色の帯となり、市街地に彩りを添えている。

市土木課によると、1987年に完了した塚間川の河川整備に合わせて、市庁舎前から田中線までの約800メートルに順に植えられた。八重桜はさらに田中線を越えた先から岡谷南高校近くの河口まで続き、合わせると100本近くなる。ここ数日の陽気で一気に開花が進んだ。

八重桜が見頃と聞きつけ、諏訪市から友人と訪れた70代の女性は「感染が心配なので、短時間観賞したら帰る」としながらも「丸く咲いた花がすごくきれい。ずっと家にいたのでいい気分転換になる」と表情を緩ませていた。

おすすめ情報

PAGE TOP