ストレッチや遊び紹介 オンラインで産後ケア

LINEで送る
Pocket

パソコンの画面に向かって骨盤周りのストレッチをする田子希さん

新型コロナウイルスの感染拡大で産後の母子のケアにも影響が出る中、茅野市北山でベビーマッサージ教室を主宰する花岡恵梨子さん(40)と、同市玉川で施術院を営む田子希さん(33)=諏訪市=が19日、「オンラインママカフェ」を開いた。1歳の子を持つ女性3人が自宅から専用アプリを使って参加し、会話で気分転換。田子さんから自宅でできる骨盤周りのストレッチを習い、画面に向かって笑顔を広げた。

出産を控えた女性の不安解消に向けて「オンラインマタニティーカフェ」を始めた花岡さん。産後間もない女性たちも、子育て事業の休止や施設利用の制限などで不安を抱えているとして、仕事や経験を生かして心と体のケアに役立ちたいと、親交のある田子さんと準備を進めた。

骨盤を整えたり、産後太りや腰痛を予防したりする骨盤周りのストレッチでは、田子さんの動きを見ながら腰を前後左右に動かすなどした。2児の母で保育士経験もある田子さん。家での遊びを紹介してほしいとの声に「体を動かすことが何よりの遊びで、ストレス発散にもなります。パパやママの体でジャングルジムのように遊ぶのも、触れ合いになっていいですよ」と答えていた。

4人の子を持つ花岡さんは新聞紙をびりびり、ぐしゃぐしゃする遊びを勧めた。

長野県の非常事態宣言は解除されたものの、「お出掛けできる雰囲気ではない」と花岡さん。月2回のペースで産前、産後の女性を対象にカフェを続けたいという。「オンラインの良さも多く発見できました。ベビーマッサージもオンラインで開ければ」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP