県民向けに「ふっこう割」 観光産業を支援

LINEで送る
Pocket

県は、新型コロナウイルス対策として県内観光産業を支援するため、県民が県内の旅館やホテルを利用する際に最大5000円割り引きとなる旅行商品の販売を26日から始める。宿泊対象期間は6月1日チェックインから17日チェックアウト分まで。

地域経済の再生に向けて支えあいの輪を広げるキャンペーンの一環で「県民向け県ふっこう割事業」とした。県内の旅行会社が取り扱う旅行商品が対象。1人1泊当たり1万円以上の商品が5000円、6000円以上1万円未満の商品が3000円、それぞれ割引となる。6000円未満は対象外。

昨年の東日本台風災害を受けて行ったふっこう割は1室2人以上の利用が条件だったが、今回は感染症対策で3密を避けるため1室1人の宿泊でも対象となる。1回の旅行当たりの割り引き上限額は1万5000円(1泊1万円以上の連続宿泊の場合3泊まで)。

新型コロナの影響による観光需要の落ち込みで使えなくなっていた台風災害のふっこう割事業予算を活用する。予算額は約3000万円で、およそ6000泊分の上限に達した時点で販売終了となる。

県観光誘客課は「温泉などで県民にコロナ対応の疲れを癒やしてもらい、少しでも地域経済を盛り上げられれば」と利用を呼び掛けている。

申し込みは、取り扱い旅行会社の店頭や電話、ホームページから行う。旅行会社などの情報は専用ホームページ(https://www.fukkouwari―nagano.com/)に掲載している。

おすすめ情報

PAGE TOP