「鬼滅」ブーム 岡谷でも最終巻に行列

LINEで送る
Pocket

「鬼滅の刃」最終巻を求めて大勢が来店し、4日入荷分は完売した=笠原書店岡谷本店

人気漫画「鬼滅の刃」の最終巻となる23巻が4日、発売された。岡谷市塚間町の笠原書店岡谷本店でも午前9時の開店前から行列ができ、午前中には同日入荷分が完売する人気ぶり。同書店では「こんなことはめったにない。ありがたいこと」と驚いている。

「鬼滅の刃」は吾峠呼世晴さん原作の漫画で、週刊少年ジャンプで2016年から今年5月まで連載された。「テレビアニメから火が付き、映画で盛り上がり、いいタイミングで最終巻を出してくれた」と同書店。岡谷本店、レイクウォーク岡谷店の2店舗でこの日、予約分を含め最終巻約1000冊が売り切れた。

レジ前は「子どもに頼まれた」などという人たちが長い列をつくったという。引き続き注文を受け付けているが、次の入荷日は未定で「いつお渡しできるか分からない状況」。既巻も品切れが続き、社会現象にもなったブームへの対応に追われている。

おすすめ情報

PAGE TOP