縁起物「高遠桜だるま」 注文受け付け開始

LINEで送る
Pocket

本町実業団が販売する「高遠桜だるま」

伊那市高遠町の商店12店舗の店主らでつくる本町実業団は、タカトオコヒガンザクラとだるまを掛け合わせた縁起物「高遠桜だるま」の注文受け付けを始めた。例年は2月11日に行われる「高遠だるま市」で当日販売もするが、今回は予約販売のみ実施。購入者には個々に受け渡す。

赤、白、ピンク、黒の4種類あり、全面に桜の絵をあしらったデザイン。だるまの腹部に「合格」「福」「幸」の文字が入り、白と他の1種類をそろえると「幸福」の2文字が完成する。「天下第一の桜」とうたわれる高遠城址公園の桜を思い起こさせるピンクと、闇夜に浮かぶ桜を表現した黒が人気。

桜だるまの販売は10年ほど前に始めた。同団の伊東洋明さん(52)=カミリ社長=は「町の活性化を願い始めたところ、好評だったので続けている。数に限りがあるため、早めの注文をお勧めします」と呼び掛けている。

価格は税込みで4号(高さ18センチ)2000円、6号(同24センチ)3000円、8号(同30センチ)4500円。8号は赤とピンクのみ、黒は4号のみの販売。受渡場所はカミリ。年内の受け渡しも可能。注文は1月1、13、14、22、27日を除く日の午前9時~午後5時にカミリ(電話0265・94・2027)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP