八農 今季の花の直売所オープン

LINEで送る
Pocket

春を彩るパンジーやビオラ、プリムラなどが並ぶ八ケ岳中央農業実践大学校の「花の直売所」

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)の「花の直売所」は1日、今季の営業をスタートさせた。春の出荷時期に備え、学生らが育ててきたパンジー3万ポット、ビオラ3万ポット、プリムラ1000ポットなどを並べた。数量は例年並みだが、今季は黄色の品ぞろえが豊富という。春の苗を求め、徐々に客足が増えてきている。

毎年、春に苗を買い求めるという近くの70代夫妻は、春らしいオレンジ色や黄色のビオラなどを下見。「道路沿いのプランターに植えたい。もう少し暖かくなったらまた来たい」と笑顔を向けていた。

同校職員の安藤翔太さんは「霜の心配がなくなってから地植えすると、6月ごろまで次々に花が咲きます。いろんな色を組み合わせて寄せ植えを楽しんでほしい」と話している。問い合わせは花の直売所(電話0266・74・2175)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP