ワカサギ採卵へ 河川で「やな場」準備

LINEで送る
Pocket

やな場を設置する渋崎採卵組合=諏訪市渋崎の上川

諏訪湖に流入する河川で採卵用のワカサギを捕獲するための「やな場」の準備が始まっている。諏訪市渋崎の上川では、渋崎採卵組合(伊藤忠雄組合長)が5日までに河口から約800メートルに設けた。県水産試験場諏訪支場(下諏訪町)によると、湖内のワカサギは「昨年に比べるとやや小ぶりだが、例年並みの大きさ」という。

ワカサギの遡上(そじょう)と採卵は毎年春に行われ、4月ごろ最盛期を迎えるとされる。伊藤組合長(80)は「自然相手のことだから今年がどうなるかは分からないが、期待はしたい」と話した。

やな場の設置は湖内のワカサギの成長を考慮しながら、毎年この時期に準備している。上川のやな場は左岸から対岸に向かい、約50メートルの長さで設けた。5日は組合員6人が鉄材を組み合わせて網を仕掛ける場所などを作っていた。組合員たちは「大変だけど、毎年のことだからね」と話しつつも笑顔を浮かべながら準備を進めていた。

同支場の降幡充支場長によると、諏訪湖漁業協同組合が4日に行った試験捕りでは、体長は約6センチ、重さは平均1・15グラム。昨年11月の推定資源量は1248万匹で同月の段階では「例年並み」だった。採卵に向けた準備はほかの河川でも順次始まる。

おすすめ情報

PAGE TOP