富士見や原の魅力生中継 オンライン婚活

LINEで送る
Pocket

多肉植物を生産販売する「グリーン・ルーム」八ケ岳農場からの中継で、参加者に富士見町の魅力を紹介する店長の森岡みさとさん(右)

富士見町と原村、山梨県北杜市でつくる八ケ岳定住自立圏は20日から、ビデオ会議システムを使った縁結びイベント「オンライン婚活」を2日間の日程で始めた。出会いを望む20代半ばから30代の独身男女に、3市町村の店舗などで生き生きと働く人たちの姿を生中継で紹介。八ケ岳西南麓で働き、結婚して暮らす魅力を伝えた。

20、21の両日ともに男女各6人が、それぞれの 自宅から参加する。八ケ岳 山麓での仕事と暮らしをテーマとし、自立圏からあら かじめ発送された菓子や 飲料を楽しみながらオンラインで対話。3市町村からの中継を視聴する。

富士見町からの中継は、観賞用に人気のある多肉植物を生産・販売する「グリーン・ルーム」八ケ岳農場(同町立沢)で行った。開場を機に大阪から諏訪へ移住した店長の森岡みさとさん(35)=高知県出身=が「人は温かく、野菜はおいしい。景色がきれいで気に入っています」とインタビューに答え、仕事も生活も充実していると紹介。「まずは気軽に来てみてはいかがですか」と画面越しに呼び掛けた。

原村ではこだわりの米づくりをする宮坂ファーム、ウェブ制作などの合同会社ヤツガタケシゴトニンの2地点から生中継。各所では市町村職員らによる”わがまち自慢”も行われた。富士見町総務課の伊藤一成さんは「コロナ禍で婚活イベントの中止も相次いでいるが、八ケ岳定住自立圏は引き続き婚活に力を入れている。参加者の方々にこの地域の熱意も届けたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP