ルバーブ生産振興へ 富士見で定植体験会

LINEで送る
Pocket

富士見町ルバーブ生産組合に加入した「つくえラボ」が開いた定植体験会。特産野菜の株を丁寧に植えていった=10日午後、同町机

富士見町机の合同会社「つくえラボ」が、町ルバーブ生産組合に新規加入した。代表の久保有美さんは同組合の商品開発部副部長に、同じく代表の馬淵沙織さんは生産部副部長に”抜てき”。町特産の赤いルバーブの生産振興や加工品開発、遊休農地の解消に貢献するとともに、都市住民との交流や、地域住民のやりがいづくりにもつなげたいと意気込む。県内外から希望者を募って10日午後、株の定植体験会を机区内で開いた。

水田から転換した農地を借りて栽培する。10日は、町内のルバーブ生産の先駆者でもあるエンジェル千代子さん=同町池袋=に分けてもらった株を畑に搬入。生産部長の横瀬とみ子さんに教わりながら、参加者とスタッフ計15人で穴を堀り、1株ずつ丁寧に植えていった。

東京都と埼玉県からの個人や家族連れは事前にPCR検査を受けて参加。さいたま市の小学6年の男子児童は「大自然の中での農業体験は初めて。農業の大変さを知ることもできて良かった」と充実した表情を見せ、町内への移住者も地域との関わりを喜んでいた。収穫体験会は10月に予定。この畑でもラボが取り組む下水道由来の肥料を使った循環型農業を実践する。

ルバーブは特有の香りと酸味を持つタデ科の野菜で、富士見町産は茎全体が赤いのが特徴だ。久保さんは「組合員の高齢化が進む中、作業経験者ら町内外の人たちがチームを組み、出荷までの作業や町の特産品を支える仕組みもできたら」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP