茅野、諏訪で大雨 1742世帯に避難指示

LINEで送る
Pocket

大雨で道路が冠水し、交通規制された茅野市宮川安国寺の国道152号=5日午後8時40分ごろ

5日の諏訪地方は、上空の寒気や湿った空気の影響で茅野市宮川などで局地的に非常に激しい雨が降った。県と長野地方気象台は土砂災害の危険度が非常に高くなっているとして、同日午後7時40分に諏訪、茅野両市に土砂災害警戒情報(レベル3)を発表した。茅野市宮川地区を中心に水害被害が相次ぎ、茅野、諏訪両市は一部地域に避難指示を発令した。3戸ほどに床下浸水の被害が出ている模様。

避難指示は茅野市高部、安国寺の459世帯1084人と諏訪市中洲、湖南、豊田の一部の1283世帯3453人に発令。茅野市では午後10時現在、少なくとも5カ所に計28世帯68人が避難した。

県諏訪建設事務所が茅野市の杖突峠に設置する観測局では午後8時までの1時間に63ミリの非常に激しい雨を観測した。諏訪広域消防本部によると、同日午後7時30分から午後9時49分までの間に少なくとも15カ所で河川増水、道路冠水などの被害を確認した。同市安国寺では3戸ほどで床下浸水した。同市高部の下馬沢川などで河川の水があふれた。同市安国寺の国道152号「前宮前」交差点付近では濁った水が道路にあふれた。国道は通行止めになり、茅野署が車両の誘導に追われた。

消防団員の介助で高部公民館から茅野市中央公民館に避難した高齢者=5日午後9時58分、茅野市宮川

茅野市は午後7時45分に避難指示を発令。市中央公民館、宮川地区コミュニティセンター、高部公民館など8カ所に避難所を開設した。親子4人で市中央公民館に避難した藤森淳さん(49)=同市安国寺=は「避難指示の発表を受け、安全確保のため避難した。まだ小さな子もいる。避難所で一晩過ごすことになるのかもしれない」と不安そうな表情を浮かべていた。同公民館には、高部公民館から9世帯19人を移送。さらに午後10時現在、市消防団などが高齢者や子どもらを中心に移送を続けている。

諏訪市は午後8時50分、神宮寺、大熊、後山、青木沢、板沢、上野、硯石に避難指示を発令。豊田小学校、神宮寺公民館に避難所を開設し、少なくとも神宮寺公民館に9人が避難した。

上川の茅野市江川橋、宮川の茅野市安国寺、諏訪市中洲では水位が上昇し、水防団待機水位を超えた。諏訪市は上川通勤バイパスのアンダーパスを全面通行規制した。

JR長野支社によると、JR中央東線は、午後8時37分ごろから、上諏訪-青柳間で運転を見合わせた。

おすすめ情報

PAGE TOP