職業体験イベント来月14日 伊那商議所

LINEで送る
Pocket

職業体験イベントへの参加を呼び掛ける伊那商工会議所青年部員ら

伊那商工会議所青年部(原洋平部長)は26日夜、伊那市中央の伊那商工会館で11月14日に行う小学生対象の無料の職業体験イベント「このまちのおしごとごっこ~大きくなったら何になる?」の概要を発表した。市内の18企業・団体の協力で体験コーナーを設け、子どもたちに地元でできる仕事に触れてもらう。完全予約制で、先着270人で締め切る。

新型コロナ対策のために実施方法を工夫。午前9時~、同11時~、午後1時30分~の3回に分けて行い、子どもたちは各回6コースに分かれ、三つの仕事を30分ずつ体験する。参加者にはイベントを協賛する市コミュニティーカード協同組合から、い~なちゃんカード(300ポイント入り)のプレゼントがある。

青年部が行う職業体験イベントは4回目。前回はコロナ対策でオンライン社会見学を行ったため、対面式の体験は2020年2月以来となる。

イベントを通して、小学生が自分自身の将来に対するイメージを膨らませる機会を提供することが狙い。担当の松澤清和交流委員長(43)は「子どもたちが仕事の楽しみや地域の仕事の魅力に気付き、創造力や地域を愛する気持ちを養っていけるようにしたい」と述べた。

参加申し込みはインターネットの専用フォームで受け付ける。問い合わせは伊那商議所内の事務局(電話0265・72・7000)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP