模擬御柱で龍神像彫刻 伊那の三澤寺

LINEで送る
Pocket

14日から龍神像を彫る城所ケイジさん(左)と彫刻を依頼した武田正幹住職=13日、伊那市の三澤寺前

伊那市福島の三澤寺(さんたくじ)は下諏訪町の模擬御柱の会から譲り受けた「模擬御柱」を活用して、本堂に安置する龍神像の制作に取り掛かる。夢で龍神を見たという武田正幹(しょうかん)住職(36)が、思いを形にするためにチェーンソーアート世界チャンピオンの城所(きどころ)ケイジさん(54)=和歌山県=に彫刻を依頼した。城所さんは同寺駐車場に作業場を設け、14日から彫り始める。

城所さんはチェーンソーアートの国際大会で4年連続優勝するなど、国内では第一人者として知られる。大型彫刻を中心にさまざまな作品を制作するが、龍神像は有名で、東日本大震災被災地の神社仏閣を彫刻巡礼するなど、これまでに五十数体を彫ってきた。三澤寺で制作する龍神像は高さ1.5メートルほどになる予定で、1月末までには完成させる。

制作開始までには物語があった。昨夏、何度か龍神を夢に見た武田住職。「最初は『気に入ったからここにいてやる』と言われ、次には『住まいをつくれ』、その後『早くしろ』というようなことを言われた」と明かす。彫り手を探しているときに偶然目にしたのが城所さんのホームページで、思いを伝え、打ち合わせをして快諾を得た。後は用材の手配だったが、「城所さんから『ご縁のある所には使う木が必ず現れる』と言われた通り、間もなく『模擬御柱』を引き取る話がまとまった」という。

「模擬御柱」は直径約80センチのモミの大木で、同町の「木落し坂」に設置されていた。昨年12月の「御柱休め」を経て、役目を終えた用材を同寺が4メートル分譲り受けた。用材は2メートルずつに切り分けてあり、1本は龍神像に、もう1本は寺額(山号額)にする。彫刻時に切り落とされる木片も捨てることなく活用し、同寺が取り扱うお守り袋に入れて参拝者に授ける予定だ。

おすすめ情報

PAGE TOP